学生起業家情報
2016.08.19

起業しての会社設立は30万でできる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業して会社設立するなら、30万円あれば十分であることを、まとめてみました。

「起業して事業を立ち上げる際に、会社も立ち上げたい。」
そう考えている方がいらっしゃるのではないだろうか。
起業して事業を立ち上げるだけなら、自分の事業に必要なだけお金を用意すれば良い。
ただし、起業してさらに会社設立することも考えた場合には、「会社設立費用」も必要になってくる。

会社をつくるために必要になってくる「会社設立費用」は、最低でもどのぐらい用意しなければならないのだろうか。

起業しての会社設立は最低30万から!

起業して会社設立するためには、最低でもいくらのお金が必要になるのだろうか。
結論から言うと、「最低でも30万円」は必要になる。
30万円と言っても、具体的にはどのような部分に費用がかかるのだろうか。

会社設立費用
まず会社設立費用だが、自分だけの力で手続きする場合には25万円必要になる。
ただ、とはいっても会社設立のための書類の記入方法や手続き方法など、起業家にとってはさっぱりわからないことが多いのではないだろうか。
知識的にも不安だと思うので、最初の起業をする際には、税理士などにお願いするのが良いのではないだろうか。

税理士にお願いすることで、起業家には2つもメリットがある。
1つは、起業家自身が不安な会社法的知識を税理士が解決してくれること。
2つ目は、起業家の会社設立費用が安くなる場合があることである。

税理士事務所によっては、起業家が会社設立するための費用を抑えることができるコースを設けてくれる税理士がいる。
そうした方々にお願いすることで、会社設立費が20万円まで節約できる場合がある。

資本金
もう一つ、会社の資本金も必要となってくる。
会社の資本金は、法律上、1円からでも良いとされているが、実質的には厳しい。
理由としては、「会社の信用度に影響する」からである。
資本金1円で事業ができるかと言われれば、「さすがにできない」と判断されるか、「真面目に事業を起こす気があるのか」と思われるのが普通だろう。

資本金で信用を落とさないためにも、最低でも10万円ぐらいは用意すべきではないだろうか。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示