学生起業家情報
2016.09.27

起業して3年で倒産する会社の割合はどのぐらい??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業して3年で倒産してしまう会社の割合について、まとめてみました。

起業して会社を立ち上げることを考えている方であれば、会社がどれだけの設立年数でどれぐらい倒産してしまうのか、ということは気になるのではないだろうか。
そこで、起業して3年で倒産してしまう会社の割合について、調べてみた。

起業して3年で倒産する会社の割合は??

起業して3年で倒産する会社の割合は一体どのぐらいなのだろうか。
以下の記事を参考に、調べてみた。
企業の設立年数に対しての存続率はどのぐらいなのか?

その結果、以下の事実が明らかとなった
1.世間で言われるほど会社は倒産しない
起業した会社は10年経つと9割は倒産してる!なんて話を聞いたことがあるのではないだろうか。
この話を聞いたことがある人も多いので、起業というと難しいイメージがあると思われるが、実際のデータを見てみると10年後の生存率は7割も。
世間で言われるほど起業失敗ばかりではないどころか、半分以上生き残っている。

2.起業して3年で倒産する会社の割合はなんと1割程度
起業して3年で会社が倒産してしまう事例は、このグラフを見るに1割程度である。
つまり、3年経過してもほとんどの会社は継続できるということである。
ただし、逆に言えば、1割の会社は倒産してしまっているという事実でもある。

起業して3年以内に会社を倒産させないためには

起業3年以内の倒産はほとんどないとはいえ、自分が倒産する1割になる可能性はある。
起業して3年以内に会社を倒産させないためには、どうすれば良いのだろうか。

1.3年間赤字でも問題ない資金コスト計画をする
極端な話をすれば、3年間赤字で利益ゼロな状態が続いても会社資金が底尽きない状態を実現できさえすれば問題ない。
例えば、オフィスは坪単価の安い古い建物にする、メンバーは少人数で実施する、給料は極力安くするなどなど、できることは少なくない。

2.できるだけ赤字の出ない事業を立ち上げる
赤字が大きければ大きいほど会社の倒産リスクは高まる。
なので、会社が着実に収益化できる状態を実現できれば、倒産リスクは下げられるということである。
例えば、Webマーケティングや受託といった事業は、自分の労働力とパソコンさえあれば、低コストで収益化できる。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示