学生起業家情報
2015.10.28

起業がばれることの危険性と回避策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業していることが
ばれることについて記事を書いてみました。

会社員として現在、仕事をしている
社会人の方などの中には、将来的には
会社を辞めて起業して自分で
事業を立ち上げるという仕事の
仕方をしていきたいと考えている、
そして自分が立ち上げていく予定の
事業がある程度軌道に乗るまでは
会社に所属しながら週末起業という形態で
事業を進めていきたいと考える方が
いらっしゃるのではないだろうか。

しかし、週末起業は会社にばれると
トラブルとなるケースがある。
それはなぜか。
そして会社を辞めるまでの週末起業が
ばれることがないようにする方法としては
どのようなものがあるのか。
下記のテーマでいくつかまとめてみた。

1:起業がばれることのリスクとは
2:起業がばれないようにするには
 

起業がばれることのリスクとは

将来は会社を辞めての起業を考える
会社員の方の中には
会社員として平日に働きながら
週末の休みの日に起業する、
いわゆる週末起業と呼ばれる形態での
事業立ち上げを行う方がいらっしゃるのでは
ないだろうか。
しかし、会社員として仕事をしつつ、
週末起業することにはいくつか
リスクがあるが、具体的にはどのようなものか。
いくつかまとめてみた。

①会社の副業禁止規定に違反する
会社の中には社員が会社員としての
仕事以外の仕事によって収入を得ることを
禁止する「副業禁止規定」と呼ばれる規定が
設けられている場合がある。

この会社禁止規定自体が会社によって社員の勤務時間外の
行動を拘束する法律違反のものであるとする
見解はあるものの、規定に違反したことがばれた際には
社員と会社との間にトラブルが発生する事態が起こる。

②会社での関係に影響が生じる
会社の規定が法律的にどうあったとしても
会社内での規定として副業違反であったりすると、
週末起業したとばれたその社員に対しての
周りの社員の反応は冷ややかなものとなり
会社にいづらくなるほどの
気まずい状況となるのではないだろうか。

起業がばれないようにするには

前章では会社員の方が起業していることが
ばれることによって起こりうる問題を
いくつかまとめてきた。
そのような事態を避けるためにも
起業がばれないようにするには
どうすべきか。

①起業の住民税の徴収の仕方を普通徴収にする
会社に起業がばれる理由は
住民税を給与から天引きされるからである。
そこから起業がばれることを防ぐために
起業の分の住民税を普通徴収に変更しておくのである。

②口外しない
起業しているということを
会社関連のあらゆる人に
口外しないべきである。
一人に口外するとその一人が
言いふらしてしまうことは十分に予想されるからである。

以上、会社員の方が起業していることが
ばれることによって起こりうるリスクと
それらの対策をいくつかまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示