学生起業家情報
2015.10.07

起業の際のビジネスプランを決めるためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業するということは
「営利目的で事業を立ち上げる事」なので、
会社設立するにせよしないでやっていくにせよ
起業するならばビジネスプランが求められる。
だがしかし、実際に起業しようと考えるまで
全くどのような事業を立ち上げるのかどころか
そもそも事業領域すらも決めていなかったという方も
いらっしゃるのではないだろうか。
そのような方がスムーズに起業を
実行に移す事ができるようにすべく
下記のテーマでいくつかまとめてみた。

1:起業時のビジネスプランのターゲットなどを決める
2:起業時のビジネスプランのソリューションを決める

起業時のビジネスプランのターゲットなどを決める

起業時にビジネスプランを考えるにあたってまず
自分たちの事業がどのような事業領域を狙い、
そしてその中でどのような課題を持っているターゲットを
狙いにいくかを決めていくことが必要になる。
事業領域の選択は自分で決めることなのでさほど難しくないが
テーゲット顧客のことはいきなり自分だけで考えても
思い浮かぶものではないし、思い浮かんだとしても
その課題が本当に存在するのかまでは見えてこない。
ではどういったことを用意すれば
しっかりと顧客の課題をつかむことができるのか。
いくつかまとめてみた。

①定量的なデータに基づいたペルソナ
ペルソナとは
「得られる定量的なデータを元に描く
具体的な顧客像」のことである。
このペルソナを描くことによって、
その事業がターゲットとしている人が見えやすくなり、
今後のマーケティング戦略や
ユーザーからの共感を得やすくなると
いった点で有効である。

②多くの母数のヒアリングを行う
数多くのヒアリングを行うことで
その課題を抱えたターゲットが
本当に存在するのか確認できるだけでなく
そういった人たちが既存のサービスで解決しようとしているが
できないという現状をより把握できるようになる。
そして、事業を立ち上げる理由の根拠としても役立つ。

起業時のビジネスプランにおける課題解決方法を決める

ビジネスプランを考える上でのターゲット顧客と
その課題を具体的に把握するためにできることを
いくつかまとめてきたが、次に決める必要があることとしては
その見えてきた課題をいかにして解決していくかである。
はたして、課題解決方法はいかにして決めていくべきだろうか。

①徹底的に顧客課題を解決できる方法を探す
顧客課題を解決しようと考えた時に
陥りがちなミスとして
「自分の思いついたアイデアベースで課題解決を
考えるあまり、顧客課題がなおざりになる」こと。
前章のように徹底的に顧客との対話をしているのであれば
これらを活用して、その課題解決方法を
徹底的に考えていくべきである。

以上、起業する際のビジネスプランの決め方に
ついていくつかまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた方は、
メンターや先輩起業家からのフィードバックを基に
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業時にはビジネスプラン作成によってすぐ起業ができる
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示