学生起業家情報
2016.06.01

個人の時代が来ている!?起業においてクラウドサービスが流行する理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業して事業を立ち上げたいと考えたときに
一度は利用することを考えたことがあるかもしれない
クラウドサービスについてまとめてみました。

起業したいと考えている方の中には、自分の持っている貯金がほとんどないので、
どこかしらの場所からお金を借りてきたいと考えていたり、もしくは
プログラミングスキルがほとんどないのでプログラミングをお願いしたい、
などなど、自分にないスキルや資源を他の場所から借りてくることを
考えている方がいるのではないだろうか。

プログラミングにせよ、資金にせよ、信頼関係や友人の紹介といった
事例を除けば、ほとんどの場合は相手への報酬だったり、自分の
事業に相応のレベルが求められる。

そんな起業家にとって、役立つのではないかと思われるのが、クラウドサービスである。
今回は、クラウドサービスについて、どのような仕組みのサービスなのか、
そして具体的にはどのようなサービスがあるのかをまとめてみた。

1.起業する前に知っておきたい、クラウドサービスとは
2.起業に役立つクラウドサービス具体例

起業する前に知っておきたい、クラウドサービスとは

起業したいけれど、お金やプログラミングスキルに困っていて、
これらのスキルや資金の面での協力の機会が得られそうにない。
そんな方がいらっしゃるのではないだろうか。

そうしたときに役立つのがクラウドサービスである。
クラウドサービスとは何か!?
ここでいう「クラウド」とは、英単語の”crowd”に由来する、
群衆という意味である。
なので、文字だけで意味を解釈するならば、
クラウドサービスとは「群衆の」サービスなのである。

ただ、クラウドサービスが「群衆の」サービスという意味だとしても
どのようなサービスなのかよくわからないと思われる。

クラウドサービスの構造について、わかりやすく説明すると、このように言える。
会社や事業をやっている個人や会社が、資金だったりエンジニアの確保に
困ったりすることがあるとする。
その上、周りにいる方々などに頼れなくなったとすると、
「資金やプログラミングできる人がほしいのに、いない」という現状に
なってしまう。
そうした状況にいる際に、「プログラミングのできる個人」に
プログラミングの仕事を発注できる、「資金を抱える誰か」からお金を調達できる、
そんなサービスこそが、クラウドサービスである。

クラウドサービスを活用できれば、任せたい仕事を任せたいときにお願いしたり、
資金がなくても共感などを集められれば資金援助につながるといったことが
実現できるようになる。

起業に役立つクラウドサービス具体例

前章では起業においてクラウドサービスが役立つケースがあるという
ことを説明してきたが、具体的にはどのようなクラウドサービスが
あげられるのか。 下記、いくつかのクラウドサービスをまとめてみた。

起業に役立つクラウドサービスその1.クラウドファンディング
まず、「起業することを考えているが、肝心の起業のために使える資金がほとんどない…。」
そのような方がいらっしゃると思う。
そうした際に、自分で何かしらの手段で収益を稼ぐか、もしくは
どこかから資金を調達することが求められるが、
後者の場合、VCや投資家は上場や大型の事業売却できないサービスに
投資することはほとんどないし、そうでなくとも身内や友人などからの借金も
よほどの信頼関係や理解がなければ成立しづらい。

そこで、選択肢として現れるのが、
「クラウドファンディングサービスを利用して」
資金調達をするというものだ。

プロジェクト提案者がまず最初に自分のやりたいこと・実現したいこと(プロジェクト)をサイト内に投稿する。
そして、それに対して、いくら必要で何に使うのか、プロジェクト協力金額ごとの
投資者へのリターン、そして事業への想いなどを投稿する。 

それに対して、共感したユーザーが、プロジェクトリターンの内容などを参考に投資する。 
これが、クラウドファンディングサービスの特徴であり、
投資基準も「投資者が大きなリターンが得られるか」よりも
「プロジェクトに共感できるかどうか」や
「魅力的なリターンが得られるかどうか」が中心となる。

起業に役立つクラウドサービスその2.クラウドソーシング
起業家自身が資金的に困っていない場合でも、
「プログラミングスキルがないので、アプリが作れない」
だったり、「デザインやロゴ作成が必要だが、自分にはできない」
といった悩みを抱えることもあるのではないだろうか。
そんな時に起業家が頼れるサービスこそ、クラウドソーシングである。

クラウドソーシングとは不特定多数の誰かに対し、自分のお願いしたい
案件(プログラミング、デザイン、ライティングなど)と報酬についてなどを投稿することで、
案件に対して魅力を感じた誰かが実際に受注して仕事を行うといったものである。

クラウドソーシングにおける受注者には
「いつでも自分の仕事の欲しいタイミングで受注でき、
報酬も成果に応じてもらえる」というメリットが、
会社側にも
「特定の誰かに頼むことによる高い発注費用をかけることなく、
自分の苦手・面倒な仕事を負けせることができる」というメリットがある。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示