学生起業家情報
2015.10.30

起業におけるクラウドソーシングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業することに興味が
ある方であれば一度は
聞いたことがあるかもしれない
クラウドソーシングについて
記事を書いてみました。

起業することに関して何かしらの
興味がある方などであれば
クラウドソーシングという
単語を何度か聞いたことがあるのではないだろうか。

しかし、そもそもクラウドソーシングとは
一体何なのか。 そしてクラウドソーシングは
起業家にとってどのような影響があるのだろうか。
下記の内容でいくつかまとめてみた。

1:起業におけるクラウドソーソングとは
2:起業する上でクラウドソーシングはどう影響するのか
 

起業におけるクラウドソーソングとは

起業することを考える方や
起業準備中の方であれば、
聞いたことがあるかもしれない
クラウドソーシングという単語。
その言葉の意味などについて
いくつかまとめてみた。

①そもそもクラウドソーシングとは
クラウドソーシングとは、不特定多数の人に
サービスやプロダクト、コンテンツといったものを
報酬と引き換えに作成してもらうというサービスである。
創業間もないものの自分たちにプログラミング技術がない、
もしくはデザイナー、ライターがいないという
状況に陥ったスタートアップやベンチャー、
個人が用いることがメインとなっている。

一見すると外部受託と同じように思われるが、
依頼相手が特定人かそれとも不特定人か
という点で違いがある。

②クラウドソーシングを提供する会社もある
クラウドソーシングをサービスとして
提供する会社も存在する。
例えば、2011年創業のCrowdWorks や
2008年創業のランサーズといった会社である。

⑴CrowdWorks↓
crowdworks_image

⑵ランサーズ↓
lancers_image

起業する上でクラウドソーシングはどう影響するのか

前章ではクラウドソーシングとは
一体何なのか、そしてクラウドソーシングを
事業として展開している会社もあることを
言及してきた。 
では、起業する上でクラウドソーシングは
一体どのような影響をもたらすのか。
いくつかまとめてみた。

①足りないリソースを格安で作成可能
クラウドソーシングのメリットは
自社や自身には技術的に用意できないものを
不特定の人に発注することでそのリソースを
作成してもらうことができ、
なおかつそのコストも格安で済む。
起業したての会社にとって自社の
弱みである技術を用いたプロダクトを
格安で入手できることは大きなメリットである。

②会社全体で仕事が増える
自社ではなく会社外の人間にプロダクトなどの
作成を依頼することで従来ならば社員や
受託の人の都合などに合わせてやっていた
仕事時間を気にせず依頼でき、
それにより社員の時間を確保して
全体できる仕事が増やせるのではないか。

以上、起業におけるクラウドソーシングとは
何なのかと、それが起業においてももたらす
影響についてまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示