学生起業家情報
2015.11.13

起業したら土日はいかに使うべきか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業して事業を立ち上げる
起業家や起業家になりたいと
考えている方が土日を
いかに使うべきかについて
記事を書いてみました。

起業して事業を立ち上げたいと
考えている方や起業したばかりの
起業家の方であれば、平日に
仕事をすることは他の職業の方と
同じように当然のことであると
考えられる。 
では、起業家や起業したい人は
土日をいかに使うべきか。
下記の内容でいくつかまとめてみた。

1:起業したら土日はどう使うべきか
2:起業して成長した起業家の土日の過ごし方
 

起業したら土日はどう使うべきか

起業したいと考えている方や
起業して事業を立ち上げたばかりの方であれば
土日はどのように使うべきか。
そしてそれはなぜか。
いくつかまとめてみた。

①会社や事業の目標から決める
起業している、もしくは起業したいと
考えている方が土日をどのように使うべきかは
自分の会社や事業が何を目標においているか
から逆算して決めていくべきである。

自社が目指していることが
国内もしくは世界において自社の狙う市場において
トップになることや早期での上場ならば
土日に休みをとることなく
働くことが要求されるし、
自社が目指すものが生活するために
必要最低限の金銭を稼いでいくことであれば
土日に休んでしまってもこと足りるかもしれない。

②成功したいと考えるならば土日も仕事日
起業して立ち上げた事業を
大きな売り上げを誇る事業へと成長させたいならば
土日や祝日といった世間が休日であるかどうかに
関係なく仕事し続けるべきである。

起業して成長した起業家の土日の過ごし方

前章では起業した方もしくは起業したいと
考えている方が土日をいかに過ごすべきかについて
言及してきたが、先輩起業家として
活躍している起業家の方は
土日を一体どのように過ごしていたのか。
いくつかまとめてみた。

①成功した起業家は土日もフルコミット
起業家として成功し、実業界において
有名な方々の労働時間について、
下記の記事を参照すると
先輩起業家が毎日かなり多くの
時間を仕事に費やしていたことがわかる。

起業家の労働時間はどう決めるべきか

例えば、実際に週に110時間働いている
起業家の方は単純計算すると
土日も含めて毎日15,16時間は
働いていることになるし、
年に5500時間働いている起業家の
方も休むことなく
15時間程度は働いているという
状態である。

②仕事量が成長度に比例
起業家として成長することに
成功した方はその
自分の時間をほとんど仕事に
費やしていることからも
仕事量が多いことがわかる。

当然の話だが、会社とその事業を成長させる
ことと、仕事量とには相関関係がある。

以上、起業している方や
起業したいと考えている方が
土日をどのように使うべきかを
いくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示