学生起業家情報
2015.12.04

起業してハンドメイド事業を立ち上げる方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業とハンドメイドの商品とについて
記事を書いてみました。

自分で手作りのハンドメイド品を作ったりしていて
それを用いて起業したいと考えている方が
いらっしゃるのではないだろうか。

それでは起業してハンドメイド商品を
販売していくにはどうすれば良いのだろうか。
その作成から販売までのプロセスを
説明しながら実際に立ち上げるための
方法をまとめてみた。

1:起業してハンドメイド品を作る
2:起業してハンドメイド品を販売する
3:起業してハンドメイド事業を立ち上げる前に
 

起業してハンドメイド品を作る

まず、起業をハンドメイド品の
物販などで立ち上げる場合には
少なくとも自身でハンドメイド品を
作成するという工程が必要となる。

自分でハンドメイド品を作れるという方も
いる一方で、ハンドメイド品を作った経験も
作り方すらもわからないという方がいらっしゃるのでは
ないだろうか。 

そのような方でも始められるように
作るハンドメイド品の選定して
作るまでの流れをいくつかまとめてみた。

1.実際に作るものを決定する
まず、自分が売りたいと考えるものを
大まかなジャンルで良いので決定する
(ex,バッグ、キーチェーンetc…)という工程がある。

2.作り方を調べる
自分が作りたいハンドメイド品が大まかに
決定できたら、作り方がわからない場合は
その作り方を調べて参考にする工程が必要となる。

例えば、ウーマンエキサイトが運営する
「アトリエ」では文具や編み物、雑貨などが
カテゴリーごとに作り方が投稿されている。

このようなサイトを参照すれば
作り方がわからなくてもその材料さえ
あればハンドメイド品が作れるようになる。

アトリエ
atelier_起業をハンドメイドで

3.材料を仕入れて作成する
最後にハンドメイド品作成に必要な材料を
ネットや店舗で仕入れて調べた作り方の通り
作成してしまえば作成のプロセスは終了である。

材料の仕入れ先に悩んでしまったなら
楽天市場や後述するminneなどで
仕入れるのが良いのではないだろうか。

楽天
rakutenichiba_起業をハンドメイドで

起業してハンドメイド品を売る

前章ではハンドメイド品の作成プロセスを
いくつかまとめてきたが、それでは
起業して実際にハンドメイド品を売るという
プロセスはどのようになるだろうか。
いくつかまとめてみた。

1.販売価格を決定する
まず、自分の作ったハンドメイド品を
それにかかった材料費などを含む
コストとハンドメイド品の相場価格を
参考に決定する必要が有る。

相場価格は後述する販売場所の具体例などで
自分のハンドメイド品と同様のアイテムの
価格と比較していくのが良いのではないだろうか。

2.販売場所を決定して売る
ネット上で商品を売るか、もしくは
フリーマーケットなどの対面販売で
商品を売るかどうかを決定することが
最後のプロセスとなる。

ハンドメイド品のオンラインショップとしては、
例えば「ハンドメイドマーケットminnne」、
自分たち専用のネットショップを立ち上げるのであれば
「BASE」を用いるのが良いのではないだろうか。
なお、「minnne」は素材を購入するサイトとしても使えるので
材料購入場所に悩んだ際にも有効である。

⑴minne
minne_起業をハンドメイドで

⑵BASE
base_起業をハンドメイドで

起業してハンドメイド事業を立ち上げる前に

起業してハンドメイド事業を立ち上げるまでの
プロセスを2つの段階にわけてまとめてきたが、
ハンドメイド事業を立ち上げる前にいくつか
考えておかなくてはならないことはないだろうか。
立ち上げる前に考えておきたいことをいくつかまとめてみた。

①簡単に利益が出る事業ではない
まず、自分の作ったハンドメイド品をオンラインショップなどで
販売してみるとわかるのだが、これが意外とあまり売れない。

その理由としては、どんなに自分で良いものを作ってみても
実際にそれを顧客に認知してもらうこと、興味を持ってもらうこと、
そして購入してもらうこと、という購買までの過程のどこかが抜けてしまえば
商品は売れない
からである。 

なので、売れないことがあっても決してハンドメイド品自体が
悪いとは限らないが、売れる段階に至るまでにはそれぞれの
過程がしっかり起こるような対策が求められる。

②販売者の仕事に費やす時間で結果も売り上げも変わる
ハンドメイド品の販売であっても、それが商売である以上、
そのための準備や集客、商品の在庫数などによって売上は
変わってくる。
 

わかりやすく説明すると、
集客のための行動に時間をかければそれだけの
集客が得られるし、多くの売上が欲しいならば
それだけのハンドメイド品のストックや購買意欲を
促すものを用意する必要が有る。

「ハンドメイド品の販売」がしたい、と言っても、
そのやり方やかけるべき時間はどこまで
事業や利益を大きくしたいかで決まるので
まずは目標設定していくことが重要
である。

以上、起業してハンドメイド品で事業を立ち上げる際の
作成と販売のプロセスとその具体的な方法を
いくつかまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示