学生起業家情報
2016.03.26

起業するために必要となるものとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は、起業するために必要となるものをまとめてみました。

起業しようと考えているが、そのためにどのようなことが
必要となるのかについてはイマイチわからず
途方に暮れてしまっているという方がいるのではないだろうか。

果たして、実際に起業することに踏み出すために
必要となるものとはどのようなものなのか。
いくつかまとめてみた。

起業するために絶対に必要となるもの

起業するために絶対に必要となるものとしては
一体どのようなものがあるのだろうか。

おそらく、ほとんどの方が思いつく回答としては
「お金」や「技術力」、「知識」などといった
ものが多いのではないだろうか。

確かに、プログラミング技術を使って様々な
課題をインターネットで解決するIT系の
ベンチャーは依然として少なくないし、
わずか数年で大きく成長していく会社も
投資家と呼ばれる方々から資金を調達している。

だがしかし、これらのものは絶対に必要とは言えない。
なぜなら、資金調達という選択肢を取らないで
会社とサービスを成長させていくという選択肢もあるし
資金調達はサービスの質さえ良ければあとからいつでもできる。
(資金調達なしの成功事例としては「pairs」で知られるエウレカなど)

加えてプログラミングなどの技術も創業してから
独学で学びつつサービスを作る会社なども決して
珍しくない。
(事例としては飲食店実名口コミサービス「retty」の武田社長など)

となると、実際に必要となるのは何か。
それは、「実際に今すぐ始めるという意思」)
である。

我々が起業するために準備をするとなった時に
してしまいがちなのは「今は〜ができないから」と
いった理由をつけて起業を先延ばしすることである。

「プログラミングができないからエンジニアでインターンする」
だったり
「お金が足らないから働いてお金を貯めて起業する」
というのは一見すると合理的でもっともな理由に聞こえるが、
よく考えると
「自分で学びながら同時並行でサービスを作る」、
「サービスをしっかり考えてプロトタイプを作って資金調達する」
方が実際に起業に取り組むタイミングが早くなる。

そして自分が考えたアイデアやプランを実行するスピードが遅いことこそ
実は最大のリスクなのである。
というのも、自分が考えるアイデアなどは気づけば誰かが
事業化していることがほとんどであるし、
それもその数は1つだけでなく、複数のベンチャーが
1日のほとんどを事業の成長に費やしているので
スピード感がない事業は絶対に勝てない。

なので、本当に起業してやりたいことがあるなら
それを今すぐ全力でやることこそが成功への近道なのである。

以上、起業するために必要なものをいくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示