学生起業家情報
2015.10.16

起業する際の心理的ハードル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業する際に生じる
精神的ハードルをまとめてみました。

起業しようと考えているものの、
起業すること自体に感じる心理的な難しさが
解消できず起業に踏み切れない、
そんな方がいらっしゃるのではないだろうか。
そのような方が起業に踏み出すためにあ
一体どのようにすれば良いのだろうか。
いくつかまとめてみた。

1:起業する際の心理的ハードルの原因とは
2:起業する際の心理的ハードルを乗り越えるには
 

起業する際の心理的ハードルの原因とは

起業する際に心理的ハードルが生じてしまう
のは一体なぜなのか。 

①自分で事業を立ち上げた経験がないから
自分で過去に事業を立ち上げた
経験のない方であると、いざ起業しようと
しても自分の事業を立ち上げるということに
いまいちイメージが湧かなかったり
もしくは自分が事業を立ち上げることで
成功できるのかというところに確信が持てず
結果として難しいことのように
感じて何もできなくなるからではないか。

②失敗することが怖い
自分が立ち上げた後に事業がうまくいかずに
失敗したら自分の手元に莫大な借金が残る結果となり
社会復帰できなくなる、そうでなくとも再就職や
これまでの友人との以前と変わらぬ付き合いが
できなくなるということを考えてしまい、
怖くなってしまうからではないか。

起業する際の心理的ハードルを乗り越えるには

前項では起業することにおいて心理的ハードルが
存在していることとその原因をいくつかまとめてきたが、
心理的ハードルを乗り越えるにはどうすれば良いか。
いくつかまとめてみた。

①小さくてもいいから事業をやってみる
前述したように起業家として成功している方は
過去の在学中のうちに事業を立ち上げた経験があり
結果として自分のビジネススキルを磨いていたと考えられる。

だとすると起業を志す方が一番最初にするべきことは
起業家向けイベントやセミナーに参加することでも
ビジネスコンテストに参加することでもなく
小さくてもいいので自分でゼロから考えた
アイデアで事業を立ち上げてみて、
どうすれば収益化できるかを戦略的に
考えることではないだろうか。

②失敗したらまたやり直せば良いだけ
意外と単純なことだが、失敗したならば
また同じようにやり直して、最善を尽くせば良いのである。
起業に失敗すると莫大な借金とともに
友人関係が失われるような気がするが、
起業しても返済義務のあるお金を借りさえしなければ
借金は生じないし、失敗だけでいなくなる友人関係は
真の友人関係とは程遠いものであるので
大して気にするようなことでもない。

以上、起業することに心理的ハードルを
感じてしまうことの原因と
それを乗り越えるためにはどうすれば良いかを
いくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示