学生起業家情報
2015.10.03

起業すると苦労してしまうのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業しようと考え、
起業という職業について調べれば調べるほど
「起業すると苦労が絶えない」という意見を
言う方がいらっしゃる。
果たしてそう言われるのはなぜなのか。
下記のテーマでいくつかまとめてみた。

1:起業して苦労する原因
2:起業しても苦労でやる気を無くさないために
 

起業して苦労する原因

起業すると苦労すると言うことが言われることがあるが
それはどういったことが原因なのか。
いくつかまとめてみた。

①1日のほとんどを仕事に費やしていること
サラリーマンや学生、アルバイトといった生活では
ある程度与えられたスケジュールのもとで
さらに予定を組むので休日や予定が終わる時間が
ある程度会社などが設定してくれている。
その一方で起業すると全くのゼロから
スケジュールを立てていき、労働時間や休日配分も
完全に自分で設定していく必要がある。
さらに起業して事業を成長させていく上では
ある程度時間を仕事に費やす時間が必要となるので
結果として「スケジュール管理」と「仕事への1日のフルコミット」
が求められるからではないか。

②結果を出さなくてはならない
学生のするアルバイトや社会人のサラリーマンとしての仕事は
社内における出世といったものはあるものの、それを除けば
基本的に仕事の結果に関係なく時給制や契約制で給料が発生する。
その一方で起業すると、結果を出して収益化できなければ
会社が倒産してしまう。
つまり他の環境ではなかなか求められない
結果にコミットしなくてはならないことや
それによって求められる事業を考える時間が増えるからではないか。

起業しても苦労でやる気を無くさないために

前述した原因から起業して苦労し続けることに
置いて考えられるリスクとしてはそのことに
対して嫌になってしまいやる気をなくしてしまうことである。
起業して苦労したとしてもやる気を無くさないようにするには
どうすれば良いのだろうか。

①好きなことで起業すべし
起業すると結果を出さないと収入も会社を存続することもできないので
どうしても結果を出すために一日中仕事のことを考え続けることが求められる。
そういった状況に置かれたときに苦労し続けられるようにするためにも
自分の関心のある分野もしくは好きな分野で立ち上げることが良い。

②事業を通して実現したいものを明らかにしよう
前述のような起業することにおけるハードワークを繰り返していると
結果が出れば良いのだが、結果が出なかったり伸び悩んだりしてしまうと
起業し続けることに対して気持ちが向かず途中で諦めてしまいやすくなる。
そうならないためにも、起業して立ち上げた事業を通して実現したいことを
明らかにしておくべき。
そうするとそれが会社のビジョンなどに生きてきて
応援してくれる人や同じ志を持つ人をジョイン
させやすくなるのである。

以上、起業における苦労とそれによって
挫折しないためのことをいくつかまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示