学生起業家情報
2016.08.16

起業は「めんどくさい」ところを狙え!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は、起業する際には一般の人がめんどくさいと思うところを狙うべき理由をまとめてみました。

起業して事業を立ち上げる際、どんな事業にするのか悩む方が多いのではないだろうか。
せっかくならば、ライバルのほとんどいない、成功確率のより高い事業を狙っていきたいところだが、そんな事業領域は存在するのだろうか。

絶対に成功する事業というのはないが、ライバルが少なく、成功確率が高い事業は存在する。
その事業領域とは、ずばり一般的に「めんどくさい」問題の多い事業領域である。

では、なぜ「めんどくさい」事業領域を狙うと、成功確率が上がるのだろうか。

起業してめんどくさいところを狙うべき理由

起業する際に、一般的に「めんどくさい」と思われる事業領域をやるべき理由はなぜなのか。

ライバルが少ない
会社は基本的に「最小限の手間で最大限のリターンが得られる事業」を立ち上げる。
なので、同様の事業を起業して立ち上げようとしても、同様のことを行う大企業やライバルベンチャー企業と戦うことになり、基本的には苦しい展開となり、最終的には人員や資金の差で負けることになる。
しかし、「めんどくさい」事業領域は、airbnbのようなグレーな事業領域だったり、もしくは既得権益的な組織との争いになったりで、リターンこそあるかもしれないが、会社としては基本的にやらないことが多い。
そんな「めんどくさい」事業領域で、コミットし続ければ、ライバルのいない中、プロダクトに集中でき、最終的には業界のオンリー1かつナンバー1になれるだろう。

実は市場規模が大きい可能性がある
既得権益があったり法的規制があったりで実現が難しかった「めんどくさい」事業領域は、これまで会社が手をつけていないだけあって市場が未開拓なことが多く、既得権益があるだけあって、利益も大きい場合がある。
そうした事業領域を開拓できれば、airbnbやUBERが法的グレーゾーンとされながらも急成長を遂げているように、会社の規模の圧倒的な成長を実現できるのではないだろうか。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示