学生起業家情報
2016.08.19

起業において、未経験は強みになる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は、未経験な領域で起業することについて、まとめてみました。

起業したいと考えている人の中には、自分のやりたいと考えている事業を躊躇してしまっている人がいる。
「やったことがない事業領域のビジネスをいきなり始めてしまっても大丈夫だろうか…」
そんな不安から起業できないケースがあるのではないだろうか。
そんな方に向けて、未経験の領域での起業について、まとめてみました。

起業において、未経験は有利!?

起業する際に、やったことのない、未経験の事業領域という理由で起業を躊躇する人は、「未経験だから、成功確率が低い」と考えているのではないだろうか。

だが、起業において、未経験であることは、不利になることではなく、実は大きなアドバンテージなのである。
その理由をいくつかまとめてみた。

事業領域の常識にとらわれない
ある事業領域でそれなりの経験を積むと、その領域に関する知識や経験値がある程度蓄積される。
ただし、このことから必ずしも起業において有利になるとは言えない。

ある程度経験を積むことで、その人の中にはその業界の常識や固定観念も「当たり前のもの」として受け入れられるようになっていく。
すると、起業家に求められる、「これまで業界で解決できていなかった課題を新たなアプローチで解決する視点」がどうしても発揮しづらいのである。
一方で、未経験の方は、「当たり前」という認識など全くないので、思ったことや旧態依然としていることに対して、新たな解決方法を考えやすいのである。

それゆえに、起業において、「未経験である」ことの方が有利なのである。

選択肢を自分で閉ざさず、どんどん実践できる
未経験であるがゆえに、起業家にとって、「こうすると失敗する」だったり、「こうするとうまくいく」という事例は基本的にわからない。
それゆえに、経験者からすれば絶対にしないような失敗もしてしまうかもしれないが、逆に、経験者が勝手にうまくいかないと決めつけていたことに挑戦することが成功を生み出すかもしれない。

起業家の開発するサービスには、「コンセプトとしてはニーズがあったものの、時代と技術がそのサービス実現を困難にしてしまっていたので失敗した」という事例が少なくない。

こうしたことに積極的に挑戦することができるので、未経験なことが有利なのである。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示