学生起業家情報
2016.04.25

起業して、何をするのか決まっていない人が読む記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業してみたい、実際に事業を立ち上げたいとは考えているものの
肝心の何をするのか、何を立ち上げるのかについては
ほとんど全く決まっていない、そんな方がいらっしゃるのではないだろうか。

そうなった時に、起業したいと考えている人が
すべきこと、考えることとは一体どのようなことなのだろうか。
起業志望者の指針となるべく
いくつかまとめてみた。

1:ゴールを明らかにする
2:事業を確定する
 

ゴールを明らかにする

起業したいものの、それが実際に
できていない人に多いこととして、
そもそものゴールが決まっていないことが挙げられる。
人が何かを頑張るとなった時に、明確なゴールが
決まっていないというにはなかなかに厳しいのでは
ないだろうか。
そこで、今回は明確に決めるべきゴールを列挙してみる。

①何のために事業を立ち上げたいのか
事業を立ち上げて、最終的に何がしたいかを明らかにすべきである。
例えば、具体的にどこどこにいる顧客を幸せにしたいのか、
はたまた自分の承認欲求を満たしたいのか、
多額の利益が欲しいのか。 それを明らかにすべきである。

そのゴール次第で起業家自身が立ち上げるべき事業は
変わってくるだろうし、そもそもここでの最終的なゴールは
事業継続のモチベーションとなるものにも通ずる。

②スケジュールと納期設定
漠然とした事業計画だと
「いつかここまで到達する」だったり、
「〜できればいいな」といったあやふやな
ゴールに向かって進むので、自分の中で
緊張感が生まれづらく、成長スピードも
遅くなってしまう。

そうならないためにも
「〜までに___をやりきる」
といったように明確な期限とその日までに
やることを設定するのである。

事業を確定する

起業したいという思いだけでは
起業できない。
そこで、起業志望者には事業を確定させる
必要性が生じる。
立ち上げる事業はどうやって決めていけば良いのだろうか。

①ターゲットを決定する
起業したい人がおかしがちなミスとして
「自分がやりたい」と思うものが先行しがち。
自分は楽しいかもしれないが、それでは
自分以外の顧客からは受け入れられない。
そんなことのないように、起業家は自分たちのサービスが
誰のどんな課題をターゲットにしているかを決定していくべきである。

②アプローチ方法を決める
どこのどんな悩みを抱えたターゲットを
狙っていくのか決まったら、あとは
そこにどうアプローチしていくのかを決めよう。
その上で、必要であれば友人や家族、
対象ターゲットになりそうな人を巻き込んで行き、
ヒアリングや協力を得て、最良のアプローチを
実施しよう。

以上、起業して何をするのか決まっていない人に
向けて記事を書いてみました。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示