学生起業家情報
2015.10.08

起業する際の人数は多いほうが良いのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業しようと考えた時に
その際の創業メンバーに誰を誘って、
共に仕事していくかは起業家志望者にとっての
早期に直面する課題の一つである。
会社法上では取締役を1人決めれば良いので
1人から起業できるが、人数は多ければ
多いほど良いのだろうか。 
以下のタイトルでいくつかまとめてみた。

1:起業する際の人数は多いほうが良いのか
2:起業するうえで人数よりも重視すべきこと
 

起業する際の人数は多いほうが良いのか

会社法上では起業した会社に必要な人数は
取締役としての最低1人からであるが
起業することを考える起業志望者にとって
立ち上げた事業を運営していく創業メンバーの
人数は多いほうが良いのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①人数の多さは重要ではない
結論から言ってしまうと、
起業して会社を設立する際の
創業メンバーの人数は大して重要なことではない。
なぜなら、人数が多いことは必ずしも
作業効率の向上に直結しないし
むしろメンバーにやる気がない
もしくは受動的なスタンスの人がいれば
仕事のスピード感や職場のやる気といった
様々なものを削いでしまうのでマイナスである。

②人数を雇えばそれだけコストになる
多くの人数の創業メンバーを雇うことは
それだけ人件費を拡大させる。
作業効率が上がるのであればそのコストに
意味はあるが、多くのメンバーを雇うことで
仕事することにおけるマイナス

起業するうえで人数よりも重視すべきこと

起業するうえで創業メンバーとしての
雇う人数が重要ではないことを前述してきたが、
それよりも重要なこととしては
どのようなことがあるのか。
いくつかまとめてみた。

①自分たちに必要なスキルを持っているか
創業メンバーを雇う際に
重要なこととしてまず挙げられるのが、
「自分たちが立ち上げようとしている
事業を作るために必要なスキルを持っているかどうか」
である。
創業期であればWEBサービスや
ホームページ作成が必要ならば
プログラミングのスキルを、
取引先とのの新規の関係構築が
必要ならば営業スキルを持った人が
必要となってくる。
重要なのはメンバーの人数ではなく
自社に足らないスキルを持つ
メンバーを外部から引っ張ってきて
ジョインしてもらえるかどうかではないか。

②最後までやりきる人かどうか
前述したスキルの有無に埋もれてしまい
忘れられがちなことではあるが、
スキルの有無以上に重要なのは
「メンバーとして雇った人が
どれだけ事業にコミットするか、
最後までやり抜くかどうか」である。
創業メンバーとしてジョインすることを
望む人の中には自分が任された仕事を
やり切らずに途中で離脱してしまう
人もいる可能性があるので
メンバーとして働こうとしている人が
コミットしきることができるかどうかは
注意すべきである。

以上、起業する際に人数は多いほうが
良い訳ではないこと、そして
人数よりも重視すべきことをいくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示