学生起業家情報
2015.10.05

起業することにおける唯一のリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業することを考えたときに
そのことを周りの友人や家族に相談して
「起業はリスクばかりだからやめたほうがいいと思う」
と言われたことがある方がいらっしゃるかもしれないが
果たして本当にそうなのだろうか。
起業しようと考えているものの
あるかもしれないリスクを考えると
起業できないという方に向けて
真の意味で起業のリスクと考えられる、
唯一の要素を挙げるとともに
そのほかのリスクだと思われていることを
いくつかまとめてみた。

1:起業における唯一のリスク
2:起業においてリスクだと思われていること
 

起業における唯一のリスク

起業していくことにおいて
ネット上や人の主張で挙げられる
リスクはいくつもあるが
起業することにおけるリスクは
実は一つのことしかない。
果たしてそれはなんなのだろうか。

①孤独な環境におかれる
起業すると立ち上げた事業で結果を出すことに
コミットしていかなくてはならないので
遊ぶことに使える時間は必然的になくなる。
そうすると今まで遊んでいた大学の友人や
社会人仲間と一緒に遊ぶ時間が取れなくなり
それらの人たちとの間にも距離が生まれてくる。
その結果として、
「起業家になると孤独になってしまう」という
状態が生まれるのである。

起業においてリスクだと思われていること

前項では起業することにおける唯一のリスク
について説明してきたが、それ以外の
リスクだと思われている要素には具体的にどのようなものがあげられるのか。
それらをいくつかまとめてみた。

①起業に失敗すると莫大な借金を負う
一昔前の起業において主流であった形態やテレビドラマなどの
影響から起業に失敗すると莫大な借金を負ってしまい
その結果として夜逃げしなくてはならなくなったり
生活できなくなってしまうのではないかという
不安を抱える方がいらっしゃるかもしれない。
だが、それは起業する際に借金を負っていればの話であり
起業して借金を背負っていなければ基本的に
会社が倒産しても借金を追うことはない。

②友人から見放される
起業すると友人から見放されるというが
そのようなことで見放したりする友人は
本当の友人と言えるのだろうか。
自分が少し失敗したぐらいで付き合いが悪くなる
友人は本当に友人であるとは言えないのではないか。

③そもそも失敗のリスクがある
起業してもその中で成功するのは
たった一握りでしかなく
大半は失敗に終わるのだからという意見。
だが、失敗することは本当にリスクなのだろうか。
失敗してもまた挑戦するチャンスはあるし、
事実、連続起業している起業家も実際にいる。
失敗してもその経験から学習することができるだけなので
諦めずに起業してみてはいかがだろうか。

以上、起業することにおける唯一のリスクと
そのほかのリスクだと思われていることについて
いくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示