学生起業家情報
2015.10.27

起業した後に再就職することは難しい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業と再就職とについて
記事を書いてみました。

起業して事業を立ち上げてみたものの
自分が本当にやりたいことではなかったり
事業が失敗に終わってしまったりして
再就職を検討した時に、
就職活動に起業経験は
どのような影響をもたらすのか。
以下の内容でいくつかまとめてみた。

1:起業して再就職することは難しいのか
2:起業したが再就職を考える前に
 

起業して再就職することは難しいのか

起業してみたが
自分で事業を立ち上げるということに
難しさを感じたり、そもそも上手く
収益化できなかったりすると
再就職しようと考える方が
いらっしゃるのではないだろうか。
しかし、起業して再就職を
することにおいて何かしら
難しさはないのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①年齢と比例して難しくなる
起業してからどこかの企業に
再就職しようと考えたときに
起業家自身の現在の年齢が幾つなのかは
大きな問題となる。
起業家がそれこそ30代半ばを過ぎた方であると
定年退職までの年も短く、即戦力としての
実力を要求されやすいので再就職は
困難となるのではないだろうか。

②実績が問われる可能性がある
会社を辞めて起業してから再度、
就職を行う再就職は
新卒の際と異なり
これまでの実績が問われる可能性が高い。
年齢が高くなればなるほど比例して
起業家自身の実績が問われやすくなるのである。
ただし、通常の転職であっても
過去の実績は問われるので起業家に限った問題ではない。

起業したが再就職を考える前に

前章では起業してからの再就職が
難しくなること、実績が問われるものであることを
言及してきたが、起業家が再就職を考える前に
できることとしてはどのようなことがあるのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①とにかく実績を作る
就職していた会社を辞め、起業家として
働いていた方が再就職を考えるのであれば、
とにかく現職の起業していることなどで
何かしらの実績を生み出すべきではないだろうか。
会社が再就職したいと考える人を
取ろうと思わないのは新卒の人と比べると
育成できる期間も社員として働いてもらえる
最大年数も短いからであり、それを補うための
実績などがない限りは新卒よりも不利になるのは
当然である。

②M&Aによる就職を目指そう
通常の転職市場での再就職となると
前社で着実に実績を上げてきた
会社員などのライバルが多いので
就職は困難になる。
しかし、M&Aによる
自分たちの会社や事業の
売却であれば、自社の株や事業を
金銭や就職先と引き換えに売ることができるので
就職先を見つけるという意味でも
目指すべき目標として最良ではないだろうか。

以上、起業してからの再就職に関して
いくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示