学生起業家情報
2015.10.27

起業がつまらないと感じる方が読む記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業がつまらないと感じる方に向けて
記事を書いてみました。

起業することに興味を持ち
事業を立ち上げてみたものの、
やってみるとつまらない、
そんな方がいらっしゃるのではないだろうか。

起業に関心があったにもかかわらず
そのことがつまらないと感じるのは
いったいなぜなのか。
そして、起業をつまらないと感じることなく
続けていくにはどのようにしていくべきか。
いくつかまとめてみた。

1:起業がつまらないと思ってしまう理由
2:起業をつまらないと感じないために
 

起業がつまらないと思ってしまう理由

そもそもなぜ、起業したいと考えて
事業を立ち上げた方が起業をつまらないと
感じてしまうのか。 
その原因を推測して
いくつかまとめてみた。

①お金が手に入るだけで仕事に価値が見出せない
個人でモノをどこかから仕入れて他の場所で売るという
仕事をしている方であると、確かに手元にお金が入るものの
そのための作業に意味が見出せず、仕事に価値が感じられずに
いることが原因として考えられる。

②自分がやりたくもない仕事をしている
起業して事業を立ち上げるにあたって
収益化が簡単なネットでの販売などをしていると
それが本当に自分のやりたいことではなく、
やっていてつまらないと感じてしまうのではないだろうか。

起業をつまらないと感じないために

前章では起業をつまらないと感じることの
原因をいくつか推測してまとめてきたが
それでは起業して立ち上げた事業を
つまらないと感じることなく
立ち上げていくにはどうすれば良いのだろうか。
いくつかその対策をまとめてみた。

①自分のモチベーションが高くなれることで起業する
起業する際につまらないと感じるということは
モチベーションが低い状態であるので、
そうならないためにも逆に自分のモチベーションが
高くなること、理由を分析して
それに関連する事業を立ち上げるのである。
そうすると、自分が辛くなった時にも
諦めることなく事業にコミットできる
確率が高まるし、何より
「お金は手元にはいるが、つまらない」という
状況を回避できる。

②事業を通して実現することを決める
自分の事業がそれなりにうまくいくと
自分がひとまず立てている小目標を達成してしまい、
達成感からスピードが落ちてしまう。
事業の月ごとの短期目標しか立てずにいると
達成した瞬間に怠けがちだが、
将来的に事業を通して実現したいことを決めておくと
小目標達成後も仕事に
コミットしつつモチベーションを保つことができる。

以上、起業したくて事業を立ち上げたにも
かかわらず、なぜつまらないと感じてしまうのかと
そう感じずに起業していくための方法を
いくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示