学生起業家情報
2015.11.04

起業することがつらいと思ったら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業することがつらいと
考えている方に向けて
記事を書いてみました。

起業して事業を立ち上げようと考えているものの
実際にやってみるとつらい、もしくは
そうなのではないかと
考える方がいらっしゃるのではないだろうか。
そのような方にとって起業とは
なぜつらいものとなっているのか。
そして起業へのつらいという
思いを乗り越えて事業を
進めていくにはどのようにすれば良いのか。
以下の内容であればいくつかまとめてみた。

1:起業がつらいと思うのはなぜか
2:起業へのつらい思いを乗り越えるには
 

起業がつらいと思うのはなぜか

起業することに対して実際に
やってみてつらいと考える方、
もしくはつらいのではないかと
考える方がいらっしゃるのではないだろうか。
そのような方々が起業をつらいと
考える理由は一体なぜなのか。
いくつかまとめてみた。

①結果が出ないから
起業して立ち上げた事業において
結果が出なければ、収益も当然
手元に入らず、倒産のリスクが
高まっていくので起業家にとって
つらいと考えさせる状況と
なっていくのではないだろうか。

②起業してうまくいかなかった時などのイメージ
万が一、自分が起業したとしても
その事業がうまくいかなければ
借金を負ってしまったり
他人との関係が崩れるのではないかという
不安から起業に対してつらいという
イメージを現実以上に抱いてしまうのではないだろうか。

③創業期の孤独さ
創業間もない頃であると
資金調達を受けているなど
していない限りは起業家が
数少ないメンバーと長時間働く
という状況に置かれることとなる。

そうすると、メンバーの人件費が
多くないこともあり、メンバーは
ハーフコミットでの仕事になる可能性があるが
そのような中で起業家本人は
フルコミットすることが求められたりするので
孤独感を感じてしまうのではないだろうか。

起業へのつらい思いを乗り越えるには

前章では起業へのつらい思いを抱く原因が
一体どのようなものであるのかについて
いくつかまとめてきた。
では、起業へのつらい思いを
乗り越えるにはどうすればよいのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①着実に収益化していく
最初から難易度の高い事業を立ち上げると
成功するまで時間や苦労をかなり要するので
その不安に耐えきることが難しい。

なので、起業を最初にするならば、まずは
着実に収益化することができる事業を
立ち上げていくことが良いのではないだろうか。

②起業家のライバルを見つける
完全に一人孤独な状況で
事業を進めていくことは
その孤独感からスピード感を低下させることや
事業へのコミット自体を諦めさせる要因と
なりやすい。
そこで、起業家は自分自身のライバルを見つけ出すことで
切磋琢磨しあい、仕事にスピード感をもたせていくことが
重要である。

以上、起業することをつらいと
感じることの理由とそれを
乗り越えるための方法をいくつか
まとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示