学生起業家情報
2015.10.27

起業を友人とすることの利点と欠点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業を友人とすることについて
記事を書いてみました。

起業する際に最初のうちは
共に働くメンバーを確保することに
苦労するだろう。
そうした時にメンバーに選ぶ候補
として、自分の身近な友人などが
あげられる。 

起業する際に友人をメンバーに
選んで一緒に事業を
立ち上げることには
どのような利点があるのか。
そしてどのような欠点があるのか。
以下のテーマいくつかまとめてみた。

1:起業を友人とすることの利点
2:起業を友人とすることの欠点
 

起業を友人とすることの利点

起業する際、初期であると
メンバーがなかなか集まらないという
問題が発生しやすい。
そうすると最初のメンバー集めの候補として
あがりやすいのは、
自分の最も身近にいる存在、
つまりは友人と一緒に起業しようと
考える方がいらっしゃるのではないだろうか。

起業する際に友人と一緒に
立ち上げることには
どのような利点があるだろうか。
いくつかまとめてみた。

①仲間を簡単に見つけられる
求人サイトや友人紹介など考えられるあらゆる
他の方法と比較しても仲間を簡単に
見つけることができるし
アプローチをするのも容易である。

②友人なので遠慮がいらない
自分よりも社会人経験がある方など
と比較しても友人であるので
気軽に話したり相談したりということが
しやすいのではないだろうか。

起業を友人とすることの欠点

前項では起業して友人と一緒に
事業を立ち上げていくことの
メリットについていくつかまとめてきたが
対してデメリットとなり得るものは
ないのだろうか。
いくつかまとめてきた。

①馴れ合いになる可能性がある
友人同士で事業を立ち上げると
友達と一緒にやるという感覚から
緊張感が生まれずらく、
結果として仕事に対する雰囲気が
馴れ合いのような雰囲気に
なってしまうのではないだろうか。

②喧嘩別れした後、人間関係に影響
友人と共に事業を立ち上げる、
特に共同操業した際などは
事業の方向性や内容に関して
口論となり喧嘩別れなどしてしまうと
そのことによる人間関係の
悪化が自分とほとんど関係性のない
人の場合と比較して
その後の人間関係に
大きな影響を及ぼす
可能性がある。

③社長と他メンバーが悪い意味で対等になる可能性
友人と一緒に起業して自分が社長になると
他メンバーが自分に対して社長というより
友人という態度で接することにより、
社長としての尊厳や最終決定者としての
存在感が薄れてしまい
社長としての意思決定に反発する
可能性が生じやすいのではないだろうか。

そうすると会社の意思決定がスムーズに進まず、
反発の多い組織になってしまうリスクが生じる。

以上、起業して友人と共に
事業を立ち上げることの利点と
欠点をいくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示