学生起業家情報
2016.02.12

起業家に20代から挑戦することのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業家に20代から挑戦することのメリットについて記事を書いてみました。

起業家として働く人は日本においてほとんどいない。 
それは若者であるかどうかに関係なく言えることである。

また、若い人、特に学生が起業したいと話すと周りの大人の方や友人などからは「社会人経験もないのに起業してもうまくいかない」などと言われてしまうこともあるのではないだろうか。

このように、起業することへの挑戦を早くからすることに対しての反論は数多いが、起業家として挑戦するなら若いうちの方が良いように感じられる。
それはなぜか。
下記の内容でいくつかまとめてみた。

1:「起業家に20代から挑戦することへの反論」への反論
2:起業家が20代から挑戦することのメリットとは
 

「起業家に20代から挑戦することへの反論」への反論

20代のうちから起業家として挑戦したいと主張していると、周りからは

「起業家として挑戦するのは今からじゃなく、社会人として一度働いて能力を身につけてから、将来的に起業しても遅くないのではないか」
だったり
「そんな若くからいきなり起業家として働くのはリスクが高いのでやめておけ」
といった反論を聞くことが多いだろう。

しかし、冷静に考えるならば、これらの反論は
反論としては矛盾を孕んでいる
のではないだろうか。

前者のことが本当ならば、まず、
「雇用されてサラリーマンとして働くことが
起業家として働くことに役立つ」ことが証明されなければ
ならないのだが、起業家として働くにあたって必要なスキルが
サラリーマン生活で養われるとは限らない。

なぜなら、サラリーマンとしての仕事は
その会社で働くために必要なスキルしか
養えないからである。

また、後者についても、後述するが、
年齢が増してくるにつれリスクを取りづらくなることを
考えると、むしろ逆ではないだろうか。

起業家が20代から挑戦することのメリットとは

前章では起業家に若いときからすることはおすすめしないという意見に対しての反論をいくつか反論をあげてきたが、起業に20代から挑戦することのメリットとしてはどのようなものがあるだろうか。

まず挙げられるのは
家庭を気にせずに仕事に打ち込める
ということである。

家庭を持ってしまうと、起業家として朝から深夜まで、場合によっては泊まりで仕事するなどというのは難しい。

しかし、20代でまだ家庭を持っていないときであれば起業家として働くことに専念しやすい。

次にあげられるメリットとしては
若いがゆえに体力的に頑張れる
ということである。

30代、40代で起業家として仕事し始めると体力的に無理ができないことが多い。

しかし、20代という年齢的に体力の衰えが問題にならない時期であれば朝から夜まで働き続けることには大して苦労しないのではないだろうか。

そして若いうちから挑戦することで起業家としての経験も早くから積める。 
20代から起業することのメリットは十分すぎるほど多いのではないだろうか。

以上、起業家として20代のうちに働くことの
もたらすメリットをいくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示