学生起業家情報
2015.10.28

起業家は英語ができなくてはならないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業することを考えた時に
英語が必要かどうかについて
記事を書いてみました。

近年、会社によっては英語の
公用化が義務付けられたり
する会社が登場したり
就活によってはTOEICや
TOEFLなどのスコアを
表記しなくてはならない会社も
登場してきている。

関連して、起業家として働くならば
英語ができることは必須なのだろうか。
下記の内容でいくつかまとめてみた。

1:起業家は英語ができなければならないのか
2:起業家自身の英語ができるメリットとは
 

起業家は英語ができなければならないのか

会社などで英語公用化が義務付けられたり
就活などでもTOEICのスコアが見られたりする
一方で、起業家は仕事をするにあたって
英語ができなければならないのか。
いくつかまとめてみた。

①必ずしも英語ができる必要はない
起業家として働く上で英語を使う場面がほとんど、
もしくは全くないのであれば英語ができないことは
何も問題ないので英語ができることの
必要性が全くない。

仕事に使うならば英語は必要
ただし、社外での主な取引相手が英語圏の方であったり
英文を読んだり用いたりする事業を立ち上げたいならば、
英語ができることは必須に近い。

起業家自身の英語ができることのメリットとは

前章では起業家が英語を用いた
仕事をしないのであれば
英語は必要ないが、一方で
英語を仕事において使うならば
必要になるということについて
言及してきた。

もし、起業家の仕事に英語が必須でなくとも
起業家自身の英語ができることには
何かメリットはあるのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①国外の優秀な人などに声をかけやすい
国外にいる優秀な人に対して
メールや電話でのアポイントメントや
交渉、取引をしたい際などに
英語ができると他人の助けなく
声かけができるので
国外の優秀な人や取引先などに
声をかけやすくなる。

②海外の情報を入手しやすくなる
日本以外の国ではスタートアップが
活発であり、中でもアメリカなどは
シリコンバレーと呼ばれるIT関連の
起業家たちがたくさん集まって仕事をしている。
そうした方々の情報について集めるには
和訳されたスタートアップニュースサイトよりも
英語のままのニュースサイトを見た方が
より多くの情報が集められる。

シリコンバレーなどにおけるトレンドを発掘したい、
もしくは海外の中でもかなりいけているサービス、
テクノロジーといったものが、
英語ができる人であると英語のサイトから情報収集すると
いうことができる。

以上、起業家は仕事において英語を
全く使わないのであれば英語が必須という
訳ではないこと、そして起業家自身の英語ができることには
どのようなメリットがあるのかをまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示