学生起業家情報
2015.10.28

起業を無収入で続けることのリスクとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業を無収入ですることの
リスクについて記事を書いてみました。

起業して立ち上げる事業が
始めてからすぐに着実に収益化できる
ビジネスモデルでない場合には
無収入で仕事し続けていかなくては
ならない可能性がある。

具体的には多くのユーザーを集めることで
広告費から収入を得るというSNSなどのタイプの
ビジネスモデルなどが該当するが
起業を無収入で続けることには
どのようなリスクが起こりうるか。
以下の内容でいくつかまとめてみた。

1:起業を無収入で続けるリスクとは
2:起業を無収入ですることを防ぐには
 

起業を無収入で続けるリスクとは

起業して事業を立ち上げることを
無収入の状態で継続していくことには
いったいどのようなリスクがあるのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①生活する上での負担が増える
起業して立ち上げている事業が
ほとんど収益をあげられておらず、
無収入の状態で続けていると
自分の生活において金銭面で
そのしわ寄せが来る状態となるので
家庭を抱える場合にいうまでもなく
家庭を抱えていなくとも
使うことのできるお金のほとんどない生活を
過ごさなくてはならない。

②辛くなって事業を投げ出したくなる
起業して事業を立ち上げたものの
無収入である場合には
その立ち上げている事業が
ほとんど収益化できていない
ことが多い。

そうすると自分に収入がなく、
事業の収益化にも手こずっていると
その辛さから事業を途中で諦め
投げ出してしまいたくなるという
リスクが考えられる。

起業を無収入ですることを防ぐには

前章では起業して無収入であることの
引き起こすリスクなどについていくつか
まとめてきたが、このようなリスクを避けるべく
起業して立ち上げた事業が無収入になることを
防ぐにはどうすれば良いのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①着実に収益化できる事業を立ち上げる
事業を立ち上げて間もない頃からでも
コストがかからない上に利益が着実にあがる
着実に収益化できるような事業を
考えるべきである。

例えば、SEOをはじめとした
WEB上でのマーケティング事業は
製造費などのコストを要さない上に
受注が入るとその分が収益となる。

②収益化の目処をたてる
起業して事業を立ち上げても
当初は収益があがりづらいと
考えられるビジネスモデルであれば
いつどの段階で収益化できるのかを
目処を立てるべきである。

初期に収益が上がらない事業を
漠然と続けているとその辛さから
挫折してしまうが、いつまでに
収益化できる、するという
目処を立てておくとそのために
どのように行動していくべきかなどが
明確になっていく。

以上、起業して無収入であることが
もたらし得るリスクとそれを解決するためには
どうすべきかをいくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示