学生起業家情報
2015.10.28

起業家はネガティブな感情から生まれる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業家が生まれるきっかけとして
ネガティブな感情があるのではないかと
いうことに関して記事を書いてみました。

起業家が起業しようと考えるようになる
きっかけとは一体なんなのだろうか。
そのうちのひとつとして
起業家自身のコンプレックスといった
ネガティブな感情が挙げられるのではないだろうか。
起業家がネガティブな感情から生まれるのかどうか、
そして起業家が持つべきではない
ネガティブな感情について
いくつかまとめてみた。

1:起業家はネガティブな感情から生まれるのか
2:起業家が持つべきでないネガティブな感情
 

起業家はネガティブな感情から生まれるのか

起業家が起業を考えるようになるきっかけには
どのようなものがあるのだろうか。
そのうちの一つとして起業家自身が持っていた
ネガティブな感情が考えられるのでは
ないだろうか。
ネガティブな感情から起業家が生まれる理由を
いくつか推測してまとめてみた。

①結果を出して見返したいから
コンプレックスを抱える背景としては
いじめなどによって自分自身に劣等感を
持ちつつもいつか見返したいなどの
承認欲求にも近いものなどが挙げられる。

そうした欲求を満たすための手段として
起業家として成功するということを
考え、起業するに至るのでは
ないだろうか。

②自分自身がそこに課題感を感じるから
起業家自身がネガティばな感情を
抱くに至った現状では解決できない課題感などが
存在する場合には、そのことを
起業して立ち上げる事業によって
解決したいという強い思いが
生まれるからではないだろうか。

起業家が持つべきでないネガティブな感情

起業家がネガティブな感情から生まれるのでは
ないかということについて前述してきた。
しかし、起業家として仕事をしていく上で
悪影響を及ぼしうるネガティブな感情もある。
具体的にはどのようなものがあるのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①他責にする
自分のやっている事業や会社がなかなかうまくいかない際に
一緒に働いている仲間や、市場、顧客といった
自分以外のあらゆるものに責任転嫁すると
自分のどこが悪かったのかを客観的に
見つめられなくなる。
そうすると起業家自身の成長にも繋がらないし
何より信頼を失ってしまう。

②見栄を張りたがる
起業家自身が成果を出し切れていない時などに
自分ができてもいないことをできたと主張したり
自分の仲間として働く創業メンバーや
社員に対して自分を良く見せようと
偉そうに接したりすることである。
このことは会社の進捗共有において
騙すことなどや職場の雰囲気を
悪くする。 ただし、社外の人にまで
自分たちの現状を共有する必要はないので
社外に対して見栄をはる分には問題ない。

以上、起業家がネガティブな感情から
生まれるのではないかということ、
そして起業家が持つべきでない
ネガティブな感情をいくつかまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示