学生起業家情報
2016.01.05

起業家のためのSNS活用法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業家や起業家予備軍・志望者に向けて
SNSについて記事を書いてみました。

起業家として事業をまさに立ち上げたばかりの方や
そのための準備に取り組む起業家予備軍・志望者の方であれば
「創業メンバーとして共に働く仲間を集めること」
「出資してくれる方を探すこと」
「自社サービスを広告費に頼らずとも認知してもらうこと」
などなど、たくさんの課題が付きまとう。

そこで、これらの課題を解決するために
有効な手段となるのがLINEやTwitterを
はじめとしたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)である。

これらのサービスをプライベートで頻繁に使用する方は
少なくないと思われるが、仕事においては
いかに活用することができるのだろうか。
具体的なSNSの名前を挙げつつ下記のテーマで紹介していく。

1:起業家がSNSで解決できる課題
2:起業家であれば絶対に使うべきSNS

起業家がSNSで解決できる課題

サービスをリリースしたての起業家やそのための
準備段階に入る起業家予備軍の方は創業期ならではの
問題に直面しているだろう。

しかし、その課題のいくつかはSNSを利用することで
解決が容易なものとなってきている。
そこで、SNSで解決できる課題の具体例を列挙してみる。

①創業メンバーとして働く仲間が見つからない
創業したてのスタートアップが直面しがちな
問題の一つとして挙げられることが多いのは
「一緒にサービスを作る創業メンバー探し」だろう。

事務、営業、そして特にプログラマーは大学生であっても
高額での受託案件に慣れていてちょっとの額ではなかなか
引き抜きは難しく、そうすると「お互いに共感できるものがあるかどうか」
などが一緒に働いてもらえるかどうかを分ける。

起業家がSNSを通じてビジョンや想い、サービスの情報などを
発信し続ければ、そうしたものに共感する人との交流ができる
それをきっかけとしたメンバーのジョイン実現のチャンスも生まれる。

②資金不足だが、資金調達できない
起業家の立ち上げるサービスには、最初から
着実に黒字化できるサービスもあれば、そうでなく
初期は赤字だが、時間経過と共に黒字に転換する
サービス
もある。

後者のサービスを手がける起業家であれば、
手元に資金がある程度欲しい状況ではあるが、
資金調達できない
という方もいるのではないだろうか。

そんな状況であっても、SNSでの情報発信をし続けると
それが投資家の目に留まり出資のオファーを受けること、
もしくは投資家と接点を持つことの機会を得ることが出来る。

③自社サービスを認知してもらえない
どんなに画期的、斬新でユーザーの求めているサービスであっても
創業期においてはそもそもサービスが認知されていないという
ケースは決して珍しくない。

しかし、認知されていなければ、
ターゲット顧客の層が厚くても存在しないに等しい
よって、起業家はサービスを早急に認知してもらう必要があるのだが、
大企業のように多くの広告費を投入することは困難である。

そんな状況でも、SNSという無料で情報発信できる環境を用いれば
起業家は自社サービスの情報をリアルタイムで発信することができ、
なおかつ顧客ターゲットとの接点も獲得できる。

というのも、VCと呼ばれる投資家は利益を出すための投資をすべく、
とにかく起業家と会うことが求められる仕事なので、SNSで
優秀な起業家やその予備軍を探しており、しっかりと情報発信すれば
読んでもらえるだけでなく、向こうから連絡が来ることも
ある。

起業家であれば絶対に使うべきSNS

前章では起業家がSNSを使うことで解決が容易になる
課題をいくつかまとめてきたが、SNSといっても
具体的にはどのようなものを使うべきなのだろうか。
特に重要なSNSをいくつかまとめてみた。

①Twitter
起業家が使うべきSNS_twiter
まずは、Twitterが挙げられる。
他人のタイムラインのフォローやリプライ、メッセージが
比較的気軽にできるSNSであり、ユーザーの情報発信の頻度も
その気軽さから高いものとなっている。

起業家であればTwitterを絶対に使うべき理由としては
投資家はTwitterで優秀な人を探していること」、そして
Twitterは創業メンバー探しやサービス宣伝に適していること」
が挙げられる。

投資家の主催するミートアップやイベントの
申し込みフォームでは、なんとTwitterのアカウント名が
必記入項目
である。 さらにVCがTwitterを通じて
のちの起業家となる人物に連絡した事例( 中川綾太郎さんインタビュー参照 )
、起業家がTwitter経由でメンバー獲得した事例( リンク先スライド18〜21参照 )もある。

②facebook
起業家が使うべきSNS_facebook
次に挙げられるのがFacebookである。
facebookが絶対にやるべきSNSに挙げられる理由もTwitterと同様、
VC主催イベントでの必須記入項目であるし、起業について情報発信し続けると
VCやスタートアップ関係の方と交流を持つチャンスが得られる。
(事実、私自身もVCが管理するスタートアップ関連のグループに
追加してもらう、同界隈の方と会うきっかけ
がいくつかあった。)

以上、起業家や起業家予備軍・志望者がSNSを使うことで
創業期における課題の解決を幾分か容易にできること、
そして起業家であれば絶対に使うべきSNSをいくつかまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示