学生起業家情報
2016.04.12

新規事業の考え方・立ち上げ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は新規事業を立ち上げること、
考えることについて
記事を書いてみました。

起業して自分がリーダーとなって
事業を立ち上げるにせよ、就職している
会社で事業立ち上げを担当することとなって
事業を立ち上げるにせよ、
新規事業を考え方や立ち上げ方がどのようにして
行われるのかが気になるのではないだろうか。

新規事業を立ち上げることを
初めて経験する際は特に
どのようにしていけば良いのか
いまいちわからないなんてケースも
多いのではないだろうか。

そんな問題に直面してしまった時、
どうすれば良いのだろうか。
いくつかまとめてみた。

1:新規事業の考え方
2:新規事業の立ち上げにおける注意点
 

新規事業の考え方

新規事業立ち上げのための
ビジネスプランの考え方を
いくつかまとめてみた。

①海外の事例を調べる
事業を新たに立ち上げている会社などを見ると
サービスを全くのゼロから考えていると思い
ついつい気が引けてしまうが、意外なことに
日本で成功しているサービスのほとんどは
海外のサービスを日本にローカライズさせている
ものだったり、そうでなくても海外でホットな市場や
テクノロジーを用いて展開されていることが多い。

なので、海外の事例を調べるだけでも、
ビジネスアイデアの幅が広がるのではないだろうか。

②身近な課題から考える
自分の家族や友人、知り合いの
抱えている課題こそ、ビジネスチャンスの
宝庫である。 事業というのは
結局のところ課題解決こそが全てなので
身近な課題から考えることこそが、
事業につながるのである。

新規事業の立ち上げにおける注意点

新規事業の考え方をまとめたが、
今度は新規事業の立ち上げ方を
まとめてみる。

①ルール上問題ないか
海外では合法なものが日本では逆に違法になりうる
というのは、事業においても同様のことが言える。
なので、ただ海外の事例をそのまま持ち込むだけではなく
実際に運用しても大丈夫かというところまで
注意すべきである。

②実現性と資金問題
アイデアがどんなに筋が良かったとしても
実現できなければそれはただの机上の空論、
絵に描いた餅。 
そして、お金が足らなければ、実行直前で
事業が断絶してしまうなんてこともありうる。
自分が本当にそのアイデアを実行することができるのかを
考えることが重要である。

以上、新規事業の考え方と
立ち上げの注意点をいくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示