学生起業家情報
2016.03.01

週末起業を考える人が読む記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は週末起業というテーマで
まとめてみました。

起業したいと考えているものの
就職先が決まってしまい卒業までに
もう時間がない大学生もしくは
すでに就職しているもののいつかは
独立したいと考える社会人であれば
週末起業することを考えたことが
あるのではないだろうか。

週末起業とは、読んで字のごとく
「土曜日・日曜日といった休日や平日の隙間時間を使って
実際に事業を立ち上げてみる」という
ちょっとした時間に事業をやることを指す。

この週末起業をすることには、
どのようなメリットがあるのだろうか。
そして、どのようなデメリットがあるのだろうか。
いくつかまとめてみた。

1:週末起業のメリット
2:週末起業の注意点
 

週末起業のメリット

週末起業して事業を立ち上げることには、
一体どのようなメリットがあるのだろうか。

①会社を辞めず無理なく起業できる
起業したいと考えている人の中には
会社の新規事業部といった会社内起業家(イントレプレナー)
として事業を立ち上げたいのではなく、自分が思うように
起業したいと考える方がいるのではないだろうか。

だが、今の会社は辞めず、起業してみたい。
そう考えた時に、週末起業は有効な選択肢である。
普段は会社に勤めつつも、隙間時間には事業を立ち上げるので
起業家一本でやっていかなくてはならないという緊張がない。

②資金面の心配が少ない
週末起業している会社員などは、
会社から給料をもらいながら仕事するので
その範囲内でできる事業であれば
利益が上がらな買ったとしても
借金せずに存続できる。

週末起業の注意点

それでは、週末起業の注意点としては
どのようなことが挙げられるだろうか。
下記の内容でいくつかまとめてみた。

①スピード感が遅い
起業一本で仕事している起業家は
自分で立ち上げた事業をナンバーワンの事業に
するためにスピード感を持った仕事、サービス展開を
行っていく。 それに対して、週末起業は
ちょっとした隙間時間に仕事していく程度なので
仕事のスピード感で言えば当然遅れる。

なので、自分と同じような事業を立ち上げて、
資金調達しながら急成長するライバルには
勝つことが困難である。

②仕事にコミットする力が弱い
週末起業は会社員としての安定した給料を
抱えながら起業できるというメリットがある。
これは間違いないが、そのことは逆に
デメリットにもなっている。

会社員としての安定した給料は
「別に起業しなくても生計は立てられる」
という状態を生み出す。
そんな中で起業しても、事業を成長させる
必要性も緊急性がないし、最悪
途中でやめても全く問題ない。

週末起業には、事業に本気で取り組まなくてはならないという
責任感が生まれづらいことに加え、起業し続けるという
意思すら本人のちょっとした心の隙で
潰えてしまう危険性がある。

以上、週末起業について、いくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示