学生起業家情報
2016.08.30

TOEIC900点は海外での起業に必要!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は、TOEIC900点は海外で起業を考えた時に必要かどうかをまとめました。

起業して事業を立ち上げたい方の中には海外を拠点にビジネス展開、もしくは海外でもサービスを普及させたいという起業家の方がいらっしゃるのではないだろうか。

そうした時に、気になってくることとして「英語力」があるが、そのためにもTOEICでも900点ぐらいのスコアは必要なのだろうか。
下記の内容でまとめてみた。

TOEIC900点は、海外の起業においてあるに越したことはない

海外で仕事するならば、もちろん英語ができるに越したことはない。
TOEICで900点という高得点をとるためには単語・文法・読解力・リスニング能力が重要となってくるが、どの能力も英語で会話する際に役立つのは確かだ。
「こう伝えたいときに、どういった言葉を使えばいいか」が単語レベルでもいいから分かれば、相手に自分の伝えたいことを伝えられる。

TOEIC900点が起業に必須かと言われると、否である

とは言っても、起業にTOEIC900点が必須かと言われると、その答えは否である。
その理由としては以下のものが挙げられる。

TOEICはスピーキング力には関係ないから
英語の試験で最も有名なTOEICだが、皆さんも知っているかもしれないが、スピーキング力を試すテストではない。
試されるのは筆記試験の回答とリスニング力である。
しかもそのリスニングも一方的な録音の聞き取りで「そもそも相手に理解してもらうために話し手が喋っているものではない」ので、実際の会話とは少々異なる。

日常会話レベルならそこまで勉強する必要はない
もしあなたが片言で言葉を話す外国人に質問されたとしたら、難しい単語を使ったりして会話するだろうか。
しないはずである。
むしろ、極力簡単な言葉を使いながら、相手に理解してもらえるようにジェスチャーなども交えたりするのではないだろうか。

英語の場合も同様で、現地の人々がわざと聞き取れない会話をしてくることは基本的にしない。
そして、日常会話ぐらいのレベルならば、基本的に使われるフレーズは限られている。
なので、TOEIC900点レベルまで単語や文法の勉強をする必要性もあまりない。

最終的に伝えようとする熱意が重要である
外国語を話す際に最も重要なのは、実は伝えようとする熱意である。
相手が必死に何かを伝えようとしている姿が、相手に「聞かなくては」という思いを起こさせるのである。

例えば、英語の有名なプレゼンに「キング牧師のプレゼン」というものがある。
英語の内容がかなり難しいわけではないこともあるかもしれないが、このプレゼンは「英語がわからなくても感動する」と言われている。

そう、相手の会話に熱意を感じさえすれば、相手も誠意を持ってあなたの話を聞いてくれるのだ。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示