学生起業家情報
2013.11.16

起業するにはなぜ学生時代から始めるべきなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事(「起業するには、学生時代から始めるのがいいの?」)では、
マザーズ上場企業の創業者の38%が30歳までに起業していたこと、
その中でも時価総額Top30社の創業者は、3人に1人が学生起業家出身だったこと、
を見てきた。

今回は、では、なぜ、起業するには、
学生時代から始めるのが良いのか、
その理由を探ってみたいと思う。

起業して成功するには、学生から始めても25.8年かかる

その理由は、ひとえに、
どんな起業家も、成功するまでには時間がかかるからのようだ。

今回は、
東証1部、2部、マザーズ、JASDAQに上場している企業について、
創業〜上場までの平均期間(2013年度版)を調査してみた。

結論としては、
【平均期間 : 25.8年】
もかかるということがわかった。

つまり、上場規模まで成長するには、想像以上に、時間がかかるのだ。

20歳で起業しても、上場時年齢45歳。
35歳で起業したら、上場時年齢60歳。
45歳で起業したら、上場時年齢70歳。

時間がかかるが故に、
社会的インパクトを生み出す事業を創り上げるには、
「経験を積んで、35歳で起業する」というペースでは、
遅いのかもしれません。

起業するには、学生時代の起業経験がないと踏み出せない

さらに、以下のようなことも分かった。

最終的に起業している方々の過去のプロフィールを調べると、
3人に1人は、在学中に起業経験があった。
しかし、ビジネスプランコンテストなどに出場しているだけの方は、
ほとんど起業していなかったのだ。

マサチューセッツ工科大学のエドガーシャイン教授の
キャリア理論によると、
人は、CAN/WILL/SHOULDを感じる領域に、
自分自身の適性を感じ、キャリアを積むようになっていくという。

実際に、起業した経験があれば、
できるという実感(CAN)を持つことができ、
本当にやりたい(WILL)かどうか判断ができ、
自分自身への期待(SHOULD)も感じることができる。

しかし、起業したこともない状態で、
会社員になると、
現状と「起業している状態」とのギャップが大きすぎて、
CAN/WILL/SHOULDのいずれも感じられなくなるからであろう。

事業規模は問わず、まずは、学生時代の小さな一歩から、
始めてみてはいかがだろうか。

学生時代に起業するには、どんな領域がいいのか?

では、次の記事では、
どんな領域で起業するのが良いのか、
見ていきたいと思う。

若くして挑戦すべき事業領域については、
以下の記事をご覧頂きたい。

「若くして起業するには、どんな業界から始めるべきか?」




WILLFU Lab(ウィルフラボ)とは?
起業志望の学生がちょっと気になる疑問を、 解決するラボです。

※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示