学生起業家情報
2016.09.09

やったほうがいい在宅ビジネスと、そうでない在宅ビジネスの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は在宅ビジネスの中でも推奨できるものとそうでないものをまとめました。 

アルバイト以外にも生活費を稼ぐ手段が欲しい大学生や、子供や家事と両立できる仕事がしたい主婦であれば、在宅ビジネスを一度は考えたことがあるのではないだろうか。
近年では、ネットが普及してきていることもあり、在宅ビジネスを立ち上げる難易度は下がってきている。

しかし、一方で、在宅ビジネスとして紹介されているものの中にはいくつか推奨できないものも混ざっているのが事実である。
そこで、今回は在宅ビジネスについていくつかまとめてみました。

やったほうがいい在宅ビジネス

やったほうがいい在宅ビジネスとしては以下のものがある。

ハンドメイド
雑貨屋などから素材を仕入れて手作りの製品を作ってネットで販売するビジネスである。
自分でゼロから作るので、商品を作る能力が養われるし、商品販売の過程でマーケティングスキルも身につく。
一石二鳥なので、主婦がやるにはお勧めである。

中古品販売
自宅の不要なものをお店で売って換金するのではなく、オークションサイトなどで販売するのも、値段設定からマーケティング、発送といった自分でものを販売するプロセスが身につくのでおすすめである。

やるべきではない在宅ビジネスとは

一方で、手をつけないほうが良い在宅ビジネスには一体どのようなものがあるのだろうか。

ネットワークビジネス
ネットワークビジネスとは、会社の商品を個人で友人や知人に販売することで、その報酬を受け取ることのできるビジネスである。
ネットワークビジネス自体は合法ではあるが、在宅ビジネスとしてお勧めはできない。
なぜなら、ネットワークビジネスをする際に、あなたが友人から距離を置かれる可能背があるからだ。

先述したように、ネットワークビジネスは、自分の友人や知人をターゲットにビジネス展開する。
そうすると何が起こるか。
声をかけられた友人は「こいつ、友達をカモに金儲けしようとしている」と思うので、自然と距離を取られるのだ。
そうなったら、友人とは信頼関係も何も無くなってしまうだろう。

情報商材
情報商材とは、自分のスキルやノウハウを、ネット上で教材として売り出すビジネスである。
ただ、この情報商材ビジネスは、詐欺事件が後を絶たないビジネスモデルなので、サービスの質に関係なく「詐欺師」のレッテルを貼られかねない。
「詐欺師」扱いされれば最後、誰からも相手にされない。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示