学生起業家情報
2016.03.01

在宅で仕事をすることの長短とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は在宅で仕事をすることについて
まとめてみました。

起業している人、もしくは起業することを考える人の中には
オフィスを構えたりせず、在宅で仕事することを考える人がいるのでは
ないだろうか。

近年はクラウドソーシングサービスのように
ネットで案件を外注して受託の仕事を請け負ったり
もしくは自分一人で事業を立ち上げるといった
ワークスタイルによって在宅で仕事をするという人が
見られるようになってきた。

ところで、このような在宅で仕事をするワークスタイルには
いったいどのようなメリットやデメリットがあるのだろうか。
下記の内容でいくつかまとめてみた。

1:在宅で仕事をするメリット
2:在宅で仕事をするデメリット
 

在宅で仕事をするメリット

在宅で仕事をするという働き方は
いったいどのようなメリットがあるのだろうか。

①出勤によるあらゆるコストがゼロにできる
在宅で仕事をするということは、オフィスが家であるのと同義であるので
出勤によるコストが無くなる。
例えばオフィスに出勤するとなると、家からオフィスが遠いと
電車に乗る時間が多いし、仮に近かったとしても自転車や
徒歩による移動時間、体力の消耗はある。
さらに、徒歩の場合を除けば移動するのにコストもかかる。

だが、これらのコストは在宅で仕事をすることによって
全てゼロにすることができる。
これは他でもなくメリットと言えるのではないか。

②家族の面倒なども見れる
在宅で仕事をできるので、自分の子供が体調がすぐれない場合に
面倒を見るのが容易であるし、そのほか家事なども
しながら仕事をするのも比較的簡単である。

家事と仕事の両方を場所による制限を受けることなくできるのも
メリットである。

在宅で仕事をするデメリット

一方で、在宅で仕事をすることには
いくつかのデメリットもある。

①仕事における自己管理が難しい
仕事をする際に自分を厳しくマネジメントすることが
できるタイプでないと、家にいる状態なので
仕事に集中できず結果としてダラダラとしてしまう可能性がある。
仕事をする人本人の気持ち次第であるが、実行しきるのは
意外と難しい。

加えて、家事などもするとなると仕事とプライベートが混ざってしまい
仕事への切り替えが困難になってしまう。

②取引やメンバーとの仕事が困難
仕事をするときに相手と取引に関する話をするとなったときに
自分の自宅を指定して呼ぶのは、信用面で考えたときに
オフィスと比較して良いとは言えない。

また、一緒に仕事をするメンバーがいたとして、
彼らの視点から考えても他人の家で仕事をするのは
オフィスへの出勤よりも敷居が高い。

家族が同棲している場合はなおさらである。

以上、在宅で仕事をすることについていくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示