卒業生インタビュー
2016.09.29

卒業生起業家インタビュー 株式会社Baycare 代表取締役 洞 汐音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hora_top

「知識・経験ゼロ、アイデアなしから、
 1年でEast Venturesからの資金調達を実現!」

早稲田大学国際教養学部3年 (受講時)
株式会社Baycare 代表取締役 洞 汐音
WILLFU STARTUP ACADEMY 第10期生

—介護現場の疲弊と、ITによるイノベーション—

4月にEast Ventures様からの出資が決まりました。
現在、文京区に事務所を構え、
訪問介護のIT化事業を進めています。

今、日本の少子高齢化が進むことで、
介護が必要な高齢者が飛躍的に増える一方、
介護職員の待遇の低さにより、
2025年には介護職員が30万人不足すると言われています。
ここに、ITを活用したイノベーションを実現します。

これまでの訪問介護事業は、
大きな施設を持った事業所が、運営していました。
結果、介護施設の固定費や運営スタッフの人件費が
膨大にかかることで、中間搾取が行われ、
訪問介護員に支払える報酬が、限られていました。

我々は、この施設の運営を、
ITで極小化することにより、
現場で働く訪問介護員の報酬を大きく引き上げ、
結果、少子高齢化時代における、
介護現場の疲弊問題を解決します。
hora_1

—商店街のグローバル化支援で感じた、市場規模の限界—

振り返ると、最初に立ち上げた事業は、
今とは全く違うものでした。

一番最初は、ウィルフ受講中に立ち上げた、
浅草など観光地の飲食店に対する、
訪日外国人向けマーケティング支援サービスから
学生起業をスタート。

この事業で、着実に収益を生み出す成功体験を積めたことで、
その後、いろんな事業に挑戦することができたんだと振り返っています。

ウィルフ卒業後は、商店街の訪日外国人向けマーケティング支援事業を展開。
しかし、半年ほど取り組んだ後に、事業の市場規模の限界に行き当たりました。

商店街を対象にした事業は、
収益化に時間もかかり、
資金面で体力がない現在の自身では、
難しいという結論に至りました。

このような経験から、
「市場規模」が大きな事業に取り組みたい
と考え続けていた時に、
今の訪問介護事業の事業仮説を持ってきてくれたのが、
共同創業者のアベルでした。
彼が武田薬品でインターンをした経験から、
介護現場の課題に気づいていたのです。

—リサーチとフィードバックの繰り返し—

去年の9月から年明けまではユーザーリサーチを行い、
よりリアルに現場を把握するべく、
実際に介護事業所でも働いてみました。

加えて、年末からウィルフの卒業生向けプレミアムコースに通い、
隔週で社長の黒石さんと、赤羽さんから、
事業プランへのフィードバックをもらい続けました。

ユーザーヒアリング×当事者になりきる×メンターフィードバック、
これらの組み合わせにより、
圧倒的なスピード感で事業を構築できたと感じています。

その後、年明けから複数のベンチャーキャピタルと話を進め、
3月の終わりに、EastVenturesからバリュエーション1億円で出資が決まりました。
hora_2

—既存事業の変化スピードを超えた成長を—

介護事業は、設置エリアに事業所を構える必要があるなど、
法律の縛りが多いため、大手の介護サービス業の会社は
既に全国にたくさんの事業所を構えています。

そのため、事業所機能をいきなりWeb化しようとしても、
スピーディーな方向転換が難しい。

その点、我々のようなスタートアップは、
現在の環境を崩すリスクがないので、
大きな参入余地があると考えています。

既存事業者の変化スピードを超えたスピードを鍵として、
5年後には全国の人がBaycareを利用できるようにしたいです。

現在は、サービス開発の最終段階でリリース直前です。

まずは都内でも特に介護事業所が足りていない文京区から、
サービスをスタートしていくべく、
ホームページは先行オープンしており、
登録者を随時募集中です。

今後はバリュエーションを増やしてシリーズAを目指していきます。
hora_3

—大事なことは、挑戦の継続。
 そして、事業の肝を腹落ちしていくこと—

私の場合もそうでしたが、
いい事業を作るには、
とにかくたくさん挑戦をして、
実行と検証を繰り返すしかないと思っています。

一番大切なのは、
「ユーザーが気に入ってくれるサービスが作れるかどうか」
「本当に欲しいと思われているニーズに、いかに的確に答えられるか」です。

ウィルフで学んだ、
「ユーザー視点に立ち切って事業を考え抜く」
ということがすべての立脚点です。

このことをウィルフを通じて学び、
そして、多くの挑戦を通じて、
腹落ちしていく。
その結果、大きな事業につながっていくんだと感じています。

是非、ウィルフで身につけた力を生かし、
一緒により良い世の中を作るために、
ともに、挑戦をし続けていきましょう!





  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示