卒業生インタビュー
2016.12.14

「学生が『資金調達』に成功できた、5つのポイントとは?」 ウィルフ卒業生起業家による特別イベント 書き起こし(2/6)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/12/2にウィルフで開催した、
「資金調達に成功した学生起業家による特別イベント」の書き起こしです。
全6回に分けて配信する第2回は、
「学生が『資金調達』に成功できた、5つのポイント」
についてです!

nakai_event-1

登壇者:
洞 汐音
10期生 (株)Baycare社長・East Venturesから調達
『介護現場の疲弊を、ITを通じたイノベーションで解決する』

中井 健弘
13期生 (株)espo社長・サムライインキュベートから調達
『対戦型ゲームの攻略法学習。
 学習の難しさを、成長市場の『動画』サービスで解決する』

石川 稜真
30期生 (株)shinonome取締役 (株式会社espo共同創業者)

モデレーター:
株式会社ウィルフ 代表取締役 黒石 健太郎氏

黒石 健太郎氏(以下、黒石)
事業仮説が磨いてから、最終的に今の事業を立ち上げようと意思決定できたプロセスはなんだったんですか?

中井 健弘氏(以下、中井)

ゲーム領域でやろうと踏ん切りがついたのは、これまでもゲームはずっとやり込んできて、ゲーム動画も自分自身が見続けてきたものだったので、この領域であれば、心が折れずにやり切れそうだと思い、ゲーム領域に決めました。

そう考えていたときに、同時に、海外でe-sportsが流行っているという情報を知ったこともあり、市場の成長性と自分自身の思いが合致し、腹決めできました。

黒石

ありがとうございます。
次の質問に移りたいと思うんですが、学生起業家の中でも、資金調達に成功している学生って本当にごく一部です。そんな中、皆さんが、資金調達まで至ることができたポイントがあれば、聞きに来ている皆さんに共有いただけますか?

中井

僕からいいですか?僕が、資金調達までいけた理由を振り返ると、5つあると思うんです。

一つ目は、セプテーニさん主催の新規事業コンテストで決勝まで進んで、「一定基準に達しているプランを基に、投資家とつながれる」ステップまできていたことです。

最初に投資家と接点を持つ際に、あまりに魂がこもっていないレベルが低い事業プランを持っていくと、間違いなく次に会ってもらえなくなります。だからこそ、最初の接点が大事。その時に、自分自身もウィルフを通じて事業立ち上げ経験を積んでいたし、コンテストで優勝するためにそれなりにリサーチを終えて事業仮説を磨いてきていた。それが良かったんだと感じています。

二つ目は、「自分たちの仮説と、投資家が投資したい事業領域がマッチしていた」こと

ただただ自分がやりたいことを追いかけていても、それが、投資家が投資したい事業領域と異なっていては、投資に至ることはありません。投資家は、事業が飛躍的に成功する企業を見つけることで、投資リスクを回収している。そのため、これから成長する市場に立脚していない事業には投資できません。

今回のゲーム動画市場、e-sports市場が海外でも飛躍的に成長しており、これから日本国内でも成長すると思われていたことが二つ目のポイントでした。

三つ目は、私自身が、「学生」であったことです。30歳前後で起業する人と比べて、「大学生なのに、ここまで出来るんだ」という目でみられます。

実際、新規事業コンテストで、プランを詰めていた際に、サムライインキュベートの榊原さんが顔を出されました。その時、ふと榊原さん「おっ、学生なんだ」とおっしゃったんです。

これは、半ば、悔しくもあり、恥ずかしいことでもありますが、学生だからこそ今後の可能性に期待して頂けることもあり、そういった周囲からの目・期待をフル活用することも起業家の役割だと思っています。

nakai_event-2

四つ目は、「事業の磨き込みを泊まり込みで徹夜でやり続けていた」事実です。スピード感を持って事業を立ち上げていくため、そしてまずはコンテストで優勝するために、泊まり込みかつ徹夜で事業を磨き続けていました。その様子を投資家が見ていたこともあり、その事実から「本気度」「これからの成長スピード」「可能性」を感じていただけたんだと思っています。

最後は、「逃げずに対応し続けたこと」です。投資が決まる直前で、提出すべき資料が遅れてしまったり、内容が微妙なものだったりしてしまったことがありました。その都度都度厳しいフィードバックをいただきながらも、そこから逃げずに、誠実に対応し続けたことが、結局は、評価に繋がったのではないかと考えています。

投資家と起業家も、人間関係で成り立っています。だからこそ、一緒に仕事をしたいと思われるような誠実さが大事だと感じています。甘いことを言えば、今の能力値が大人の起業家と比べて低いことなんて知られてしまっている事実。大事なのは、今の能力ではなく、いただいたフィードバックをちゃんと自分の頭で考え、咀嚼し、反映して成長し続けること。

こんな5つが評価に繋がったのではないかと考えています。

今後も、下記の順番で、随時続きを配信していきます。

(1/6)「資金調達済み学生起業家が語る!起業アイデアの出し方と磨き方!」
(2/6)「学生が『資金調達』に成功できた、5つのポイントとは?」
(3/6)「成功している学生起業家が、起業前にウィルフに入った理由とは?」
(4/6)「起業アイデアに至るまでの、具体策とは?」
(5/6)「資金調達まで至る、本気の起業仲間の見つけ方とは?」
(6/6)「学生起業家から見た、投資家の選び方とは?」

次の配信をお楽しみに。

学生が起業を学ぶビジネススクール
WILLFU STARTUP ACADEMYでは
無料体験授業を実施中!
ご興味のある方は、以下からご予約を!
↓詳細は以下をクリック↓





※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示