ウィルフ社長ブログ

Share:

講演「なぜ、起業家はシリコンバレーから生まれるのか」メモ

フィールドマネジメントの井上さんの講演
「なぜ、起業家はシリコンバレーから生まれるのか」を、
聞いてきましたので、以下にまとめておきました。

◆マクロの視点では、以下の3つ。
①人材
:世界中から優秀な人材が集まっている。
 Fotune500のうち、41%は移民1世か2世の人材が創業。
 1世が18%、2世が23%。
 テクノロジー企業に絞ると60%が移民によって創られている。
 スティーブジョブズの親もシリア移民2世、
 googleのセルゲイ・ブリンもロシア出身、
 アマゾンのジェフ・ベゾスもキューバ移民2世。

②金
:シリコンバレー近くのサンフランシスコが、
 元々、米国金融センターの一つであるため、お金が集まっている。
 また、SV近くのサンドヒルロードという通りに、
 世界トップクラスのベンチャーキャピタルのほとんどが集まっている。

③知識
:米国の主要大学のうち、
 スタンフォード、UCバークレーなど3つが近くにある。

◆スタートアップ創業者にヒアリングした個人的視点では、以下の3つ。
①個人としてのリスクの低さ
:シリアルアントレプレナー(何回も成功した会社を創った人)という言葉だけでなく、
 エクスペリエントアントレプレナー(失敗しても、創業経験を積んだ人)という言葉がある程、
 経験が評価される。
 たとえ失敗しても、挑戦できるし、評判という意味でも、マイナスにならない。

②スモールスタート支援の仕組み
:Yコンビネーター、500startupsなど、プロ中のプロたちが支援してくれる。
 ※シード・アクセラレーターの役割
  ⑴ラーメン代
   :食べて行けるだけのお金と、その間のメンタリングとネットワークの提供
  ⑵positive peer pressure
   :起業家は孤独だったりするが、定期的に集まる会合で刺激を受けられる環境。
  ⑶キャリアとしての起業・リスク低減
   :履歴書的に考えても、「Yコンビネーターを出た」ということがキャリアになる。

③カルチャー
:「Startup=Job Creation」起業が雇用創出だと考えられている。
 「Startup=Respected」尊敬されている。
 「Startup=cool」カッコいいと思われている。今、何をやっているかが評価される。

いやー、話が面白かった。
 
 
 
☆学生が「起業」を学ぶビジネススクールと
『学生起業家シェアハウス』のメンバー募集中!
詳しくは、以下リンクから☆





※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※更新をチェックする方は、こちらから!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る