社長ブログ
2015.01.25

「就職活動」と「起業」との最大の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFU STARTUP ACADEMYの卒業生で、
起業した人の共通点を整理してみたところ、
下記2つの共通点がありました。
 
1:明確な納期設定がされていること
2:周囲の人が応援したくなる人であること

 
この2点、シンプルで当たり前ですが、これが意外と難しく、
誰もが取り組む就職活動と、
取り組む人が少ない起業との最大の違いな気がしています。
 
就職活動は、4年生のいつからスタートして、
いつには求人がなくなるという納期が、
他人によって明確に決められています。
 
結果、学生からすると、そのタイミングを逃すと、
自分自身が就職できなくなるため、
どんな人でも、焦って、動き始めます。
 
しかし、起業するというのは、
他人によって納期を決めてもらえない。
そのため、自分自身で、納期を決めることができ、
しかも、その納期から逃げずにコミットできる人じゃないと、
起業できません。
それが言葉以上に、難しいのだと思います。
 
新卒の内定者時代に、
「俺は、3年で会社を辞めて起業する」と言っていた人のうち、
ほとんどの人が、サラリーマン化して起業しなくなってしまう事実が、
その難しさを証明しているのではないでしょうか。
 
そのため、起業を考えている受講生の皆さんには、
自身のコミットメントを強化するための策として、
「やりたいことを宣言し、自身を衆人環視の下に」置くことを、
ぜひ、取り組んで頂くと良いのではと思っています。
 
 
卒業生で、起業に踏み出すことができている人は、
自身が起業するという納期を周囲の人に宣言し続けていました。
 
宣言し続けることで、
自分自身が起業に踏み出せていないと、
周囲の人から「お前、ダサいな」と言ってもらえ、
自分自身にコミットメントを促進することができるのです。
 
また、本気で宣言し、行動し続けている人には、
「お前はだからダメなんだよ」と言いながら、
先輩起業家も、アドバイスや応援をしてくれるようになっています。
宣言して、愚直に行動し続けている人であれば、
能力がどうであれ、応援したくなるのです。
 
 
納期設定と、応援者の獲得。
シンプルだけど、意外と難しいこの課題を、ぜひ、
「やりたいことを宣言し、自身を衆人環視の下に置く」
ことで解決していって頂ければと思います。
 
孤独に負けるな_1

 
株式会社ウィルフ 代表取締役社長 黒石健太郎
プロフィール
東京大学法学部卒。株式会社リクルート入社後、
採用・育成・社内活性コンサルティング等の営業、
新規事業の戦略企画、立ち上げに従事。
2013年6月株式会社ウィルフ(WILLFU)を設立、代表取締役社長に就任。
サイバーエージェント様のアントレプレナーイノベーションキャンプ優勝。
 
 
 
 
☆学生が「起業」を学ぶビジネススクールと
『学生起業家シェアハウス』のメンバー募集中!
詳しくは、以下リンクから☆





※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※更新をチェックする方は、こちらから!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示