ウィルフ社長ブログ

Share:

とはいえ種銭をつくることは大事

先輩に薦められた邱永漢さんの本を読んでいると、
こんなことが書いてありました。

お金持ちになれる人 (ちくまプリマー新書)より引用__

100万円があなたの思想を変える。
(中略)
100万円は、自分の持っているお金で株式投資の出来る最低の額ですが、
そこから出発すると、あとは無限の可能性が開かれてくるのです。
(中略)
たとえ最低限の単位であっても、100万円という一塊になったお金を
貯めたということおは、さまざまの誘惑を排除し克服して目標を達成する
だけの意志を鍛え上げることに成功したという事です。
(中略)
まとまったお金を持ったことのない人は、
一枚一枚のお金をイージーに使います。
(中略)
100万円という一塊になったお金で物や人や知恵を動かす力を身につけた
ということなのです。
その力を持った人と持たない人では見える景色が一変します。
___________________________

また、「ビジネスのスタートは、
資金の元となる種銭をつくることから始まります。」
と書いていました。

そう言われて自分を振り返ってみると、確かに、
最初に株式投資をスタートしたのは貯蓄が100万円を超えてからでした。

株式投資を始めてから、
家計のPLを作るようになり、
一つ一つの消費が「投資」という感覚に切り替わりました。

「消費」が「投資」の感覚に切り替わってから、
コストを使うことにきちんと意思決定をするようになり、
不動産も購入したりして、
資産が増えるスピードが速まりました。

その結果、
会社の資本金を準備でき、さらに
退職後しばらく分の生活費を確保し、
リスクをとれる環境が得られました。

このように改めて振り返ると、
「とはいえ種銭をつくることが大事」というのは、
おっしゃる通りだなと。

昨日は、
「ほとんど現金は無くても起業はできる」
と書きましたが、

昨日記載した制度においても、実は、
200万円の補助金を得るにあたって、
最低100万円の自己負担は必要なのです。

国の制度も、100万円の種銭をつくることは求めていて、
実は考え抜かれた制度なんだなぁと思った次第でした。
 
 
 
☆学生が「起業」を学ぶビジネススクールと
『学生起業家シェアハウス』のメンバー募集中!
詳しくは、以下リンクから☆





※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※更新をチェックする方は、こちらから!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る