ウィルフ社長ブログ

Share:

成功事例を、自身の事業につなげるポイント

「渋谷で教える起業先生」(毎日新聞出版)の著者 黒石健太郎です。

我々のビジネススクールは、
初めての起業において、
「成功体験を積む」ことに注力している。

そのため、現役の受講生に、
過去受講生の事業成功事例を共有している。

すると、しばしば発生するのは、
過去受講生とまったく同じ事業を立ち上げること。

そこで、
1:成功事例をパクる意味
2:成功事例のパクリから脱却し、次のステップに移る方法
の2点について、整理したい。

成功事例をパクる意味

前職のリクルート時代、「TTP」という言葉が多用されていた。
「TTP」=「徹底的に、パクる」の略語である。

自分たちは新しい価値のみを生み出すんだと、
プライド高くせず、お客様が認めている競合のいい点は、
とにかく徹底的にパクるべきだ。
ということである。

この視点も含めると、
過去の成功事例事業をとにかくパクリ、
立ち上げてみることは、
成長の第一ステップとしては完全に正しいと思う。

まったく同じ事業を立ち上げようとしても、
うまくいく組織もあれば、
うまくいかない組織もある。
事業立ち上げは、各論の差で決まる部分も大きいため、
その各論の大事さを学び、体感できる部分では、
特に、大歓迎である。

ただ、そこで終わってしまっては、成長が止まってしまう。
ぜひ、我々の受講生には、受講中の間に、次のステップまで、
進んで欲しい。

成功事例のパクリから脱却し、次のステップに移る方法

では、どうすれば、次のステップに進めるのだろうか。

その次のステップに行くためには、
その事業がなぜ勝てているのかの構造を整理し、
その構造を基に発想を広げることが大事なのではないか。

構造というのは、
「誰の、どんな課題を、どう解決できているのか」
「なぜ、それが、既存の人・会社で解決されていなかったのか」
「何が新しい価値なのか」
ということ。

この構造が整理できたら、その構造を基に発想を広げていく。

この構造を、もう一段拡張性ある仕組みに変えるには、
何を変えたらいいのか。
何が、拡張性のボトルネックとなっているのか。
この構造を、もう一段、大きな市場に立脚して展開するには、
どの市場へ横展開するといいのか。
など。

このステップ自体は考えている受講生も一定比率存在しているが、
おそらく、難所となっているのは、
「うまくっている構造整理」の部分であろう。
ここの言語化がうまくなればなるほど、
思考を明確化できるように思う。

ぜひ、成功事例の事業構造整理に、
頭をひねって考え続けて欲しい。

明日のブログは、
ではどうすれば、事業構造整理がうまくなるのか
「成功事例の構造化がうまくなる、具体的アクション」
について考察したい。

受講生が1000人を突破!
学生が起業を学ぶビジネススクールに
ご興味をお持ちいただいた方は、
↓下記のボタンをクリック!↓





※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る