無料説明会 & 体験授業を予約

学生起業家を応援するビジネススクール社長黒石健太郎MESSAGE

「なぜ今、学生起業なのか?」学生起業家を応援するビジネススクール社長・黒石健太郎メッセージ

「同期だからと言って、スタートラインが同じだと思うな。社会人1年目で、既に大きな差がついている」
昔、サイバーエージェント藤田晋社長が、おっしゃっていた言葉です。

「10代の努力が20代の人生を決める。20代の努力が30代の人生を決める。」
昔、前職リクルートのトップディレクターから、こんな言葉を頂きました。

これらの言葉は、若手社会人に対しては、
「優秀な人よりも、もっと圧倒的に頑張らないと、追いつけないぞ。圧倒的に頑張れ」
というメッセージだと思いますし、私も、この言葉を聞いた20代前半には、かなりドキッとしました。

一方で、大学生にとっては、
「学生時代の努力で、20代、30代の活躍に間違いなく差が出る。だから、もっと本気で学生生活を送れ」
ということだと思います。
今、私も、30歳になって、周囲を見回してみると、これは、本当に正しい事実なんだと感じています。

私が学生時代を知っている同級生について、学生時代に取り組んでいたことと、
30歳の今、取り組んでいることを比較して振り返ってみると、以下の通りでした。

今、大企業で子会社の社長として活躍してる同級生は、
学生時代にも色んなビジネスを考えては、立ち上げていました。

今、上場起業家として活躍している同級生は、皆、学生時代にも起業していました。

今、衆議院議員をやっている同級生は、
1人は学生時代から議員秘書にかなりコミットして取り組んでいましたし、
1人は外交勉強会などを開催し続け、たびたびパーティを開いていました。

改めて整理してみると、「そりゃ、早くから頑張ってたやつは、活躍するだろ。当たり前だろ。」
ということに過ぎませんが、この現実を直視して、
学生生活を送っている人は意外と少ない気がしています。

先日、パズドラを生み出した孫泰蔵さんからも、こんな言葉を頂きました。

「子役からタレントを始めたら、20歳でも芸歴20年。20歳から始めたら40歳でようやく芸歴20年。
僕は、学生時代に起業したから、40歳の今、起業家歴20年になった。
同じ40歳でも、起業家歴2年の人と、20年の人で差がつくのは当然。起業を考えるなら、早く挑戦した方がいい」

「差」は、開けば開くほど、追いつくのが大変になる。そのうち、追いつけなくなる。
ただ、学生時代であれば、まだ間に合う。
だからこそ、今から、早くから、本気で取り組むことに意味があるのです。

同時に、「『俺は、必ず起業する』という決断なんてできない」という声も聞こえてきます。
まだ将来の方向性なんて決められない。それはそうだと思います。
ただ、将来、起業する可能性があるのであれば、
将来、新規事業開発に取り組みたい意欲があるのであれば、
ちょっとしたビジネスを経験だけでも積んでおくべきではないでしょうか。

活躍している起業家の3人に1人は、在学中に起業経験がありました。
在学中に起業している人には、
「ちょっとしたビジネスをちょっとだけやってみて、成功体験を積んでいた」という共通点がありました。

やってみて、自分に合っていたら、もっとやればいい。
やってみて、合わなかったら、他の道を探せばいい。
しかし、やってみないと、先に進まないのです。

将来、起業を考えているなら、今、起業すべきです。
今、起業すると決められないのであれば、まずは起業体験から始めるべきです。

僕は、そんな成長意欲を持った皆さんを、本気で応援し続けたいと思っています。

株式会社ウィルフ 代表取締役社長 黒石健太郎

学生起業家を応援するビジネススクール社長黒石健太郎MESSAGE

「なぜ今、学生起業なのか?」学生起業家を応援するビジネススクール社長・黒石健太郎メッセージ

「同期だからと言って、スタートラインが同じだと思うな。社会人1年目で、既に大きな差がついている」
昔、サイバーエージェント藤田晋社長が、おっしゃっていた言葉です。

「10代の努力が20代の人生を決める。20代の努力が30代の人生を決める。」
昔、前職リクルートのトップディレクターから、こんな言葉を頂きました。

これらの言葉は、若手社会人に対しては、「優秀な人よりも、もっと圧倒的に頑張らないと、追いつけないぞ。圧倒的に頑張れ」というメッセージだと思いますし、私も、この言葉を聞いた20代前半には、かなりドキッとしました。

一方で、大学生にとっては、
「学生時代の努力で、20代、30代の活躍に間違いなく差が出る。だから、もっと本気で学生生活を送れ」
ということだと思います。
今、私も、30歳になって、周囲を見回してみると、これは、本当に正しい事実なんだと感じています。

私が学生時代を知っている同級生について、学生時代に取り組んでいたことと、
30歳の今、取り組んでいることを比較して振り返ってみると、以下の通りでした。

今、大企業で子会社の社長として活躍してる同級生は、
学生時代にも色んなビジネスを考えては、立ち上げていました。

今、上場起業家として活躍している同級生は、皆、学生時代にも起業していました。

今、衆議院議員をやっている同級生は、
1人は学生時代から議員秘書にかなりコミットして取り組んでいましたし、
1人は外交勉強会などを開催し続け、たびたびパーティを開いていました。

改めて整理してみると、「そりゃ、早くから頑張ってたやつは、活躍するだろ。当たり前だろ。」
ということに過ぎませんが、この現実を直視して、
学生生活を送っている人は意外と少ない気がしています。

先日、パズドラを生み出した孫泰蔵さんからも、こんな言葉を頂きました。

「子役からタレントを始めたら、20歳でも芸歴20年。20歳から始めたら40歳でようやく芸歴20年。
僕は、学生時代に起業したから、40歳の今、起業家歴20年になった。
同じ40歳でも、起業家歴2年の人と、20年の人で差がつくのは当然。起業を考えるなら、早く挑戦した方がいい」

「差」は、開けば開くほど、追いつくのが大変になる。そのうち、追いつけなくなる。
ただ、学生時代であれば、まだ間に合う。
だからこそ、今から、早くから、本気で取り組むことに意味があるのです。

同時に、「『俺は、必ず起業する』という決断なんてできない」という声も聞こえてきます。
まだ将来の方向性なんて決められない。それはそうだと思います。
ただ、将来、起業する可能性があるのであれば、
将来、新規事業開発に取り組みたい意欲があるのであれば、
ちょっとしたビジネスを経験だけでも積んでおくべきではないでしょうか。

活躍している起業家の3人に1人は、在学中に起業経験がありました。
在学中に起業している人には、
「ちょっとしたビジネスをちょっとだけやってみて、成功体験を積んでいた」という共通点がありました。

やってみて、自分に合っていたら、もっとやればいい。
やってみて、合わなかったら、他の道を探せばいい。
しかし、やってみないと、先に進まないのです。

将来、起業を考えているなら、今、起業すべきです。
今、起業すると決められないのであれば、まずは起業体験から始めるべきです。

僕は、そんな成長意欲を持った皆さんを、本気で応援し続けたいと思っています。

株式会社ウィルフ 代表取締役社長 黒石健太郎

学生が起業を学ぶ
ビジネススクール

WILLFU STARTUP ACADEMY

詳細を見る

本気の学生起業家の
ためのシェアハウス

WILLFU STARTUP VILLAGE

詳細を見る

学生起業を知識ゼロから|学生起業スクール WILLFU(ウィルフ) > なぜ、今、学生起業なのか 〜ウィルフ社長・黒石健太郎 メッセージ〜