無料説明会 & 体験授業を予約

先輩起業家の声2018.06.13

「事業の『桁』を変えて考えろ」(REAPRA Ventures 川野真太郎氏・佐藤克唯毅氏)

【事業の「桁」を変えて考えろ】

54期の初回事業立ち上げに、
REAPRA Ventures 川野真太郎氏・佐藤克唯毅氏がメンタリングに!
(※REAPRA Venturesについてはこちらの記事をご覧ください)

スクリーンショット 2018-06-13 17.31.33

以下、頂いたメッセージ!

■事業の『桁』を変えて考えろ(佐藤氏)

経営者としてトップを取りに行くなら、競合よりちょっと上に行くような計画ではダメ。

まず思考する前提として、『桁』を変える。
自分たちの投資先と話していても、「それは無理だ」と言われるが、それくらいも大きな視点で考えることによって、発想が変わるし、イノベーションにつながる。

スクリーンショット 2018-06-13 17.31.21

■自分たちの常識を、所与の前提を、疑え(川野氏)

新しい価値を生み出すには、アナロジー(類推)が必要。
過去事例・他社事例や、自分の身の回りで手に入る情報だけに頼るのではなく、世の中に情報を取りに行くと、もっと事業機会が生まれる。

事業を立ち上げて行く中でも、商品・サービスを提供してみたからこそ得られる新しい情報が手に入るはず。そこから顧客のインサイト(心理・内面)を想像して、もっと事業に反映させていこう。

自分たちが所与にしている前提を疑い、自分たちが持っている常識を疑う。前提条件を決めすぎないこと。

スクリーンショット 2018-06-13 17.30.26

■優れた経営者は『現実を素直に受け止める』(佐藤氏)

物事を都合よく解釈することは、失敗につながる。
経営者でも、過去の自身の行動をすべて正当化し、追認する人がいるが、そういう人はだいたいどこかで経営判断を誤ることになる。

今回も、アンケートの結果を都合よく解釈しようとしたり、すべてがうまくいった前提で計画を設計したりするケースがあった。

打ち手には成功も失敗もあるという前提で、しっかり現実として受け止めて、どうすべきか考えよう。
フラットに事実を捉えて、きっちり仮説検証を回していくことが成功への近道。

スクリーンショット 2018-06-13 17.30.13

受講生が1,000人を突破!
学生が起業を学ぶビジネススクールに
ご興味をお持ちいただいた方は、
↓下記のボタンをクリック!↓





※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

RELATED ENTRY

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

学生が起業を学ぶ
ビジネススクール

WILLFU STARTUP ACADEMY

詳細を見る

本気の学生起業家の
ためのシェアハウス

WILLFU STARTUP VILLAGE

詳細を見る

学生起業を応援するビジネススクール&学生起業家シェアハウス。株式会社ウィルフ(WILLFU) > 先輩起業家の声 > 「事業の『桁』を変えて考えろ」(REAPRA Ventures 川野真太郎氏・佐藤克唯毅氏)