先輩起業家の声

Share:

「顧客の行動パターンが見えるまで、100人に聞け」(REAPRA Ventures小堀雄人氏)

【顧客の行動パターンが見えるまで、100人に聞け】

54期の事業プレゼンに、REAPRA Ventures 小堀雄人氏がメンタリングに!
事業立ち上げの際に必要な「顧客インタビュー」のコツについて語ってくれました。
(※REAPRA Venturesについてはこちらの記事をご覧ください)

■目的を明確に!
一般的には、インタビューは「事業仮説を検証する」ことが目的だと言われるが、それだけではない。たとえば、「事業仮説を作るために事実を集める」というのも十分にありうる。
目的を明確にして、それに合わせて内容を設計することが重要。

■行動パターンを把握せよ!
事業仮説ができたら、顧客の課題に対して、自身が考えた商品・サービスで解決できるかどうかを検証していくが、そこで大事なのは、顧客のリアルな行動パターンを把握すること。
「いまどんな行動パターンをとっているのか」「なぜその課題が発生するのか」などを深掘りしていく。
そこが把握できていないと、事業仮説が間違っていてピボット(方向転換)が必要になったときに、迷走してしまう。

■100人に聞け!
インタビューの際によくありがちなのが、「知り合いに数人聞いた」というパターン。
これは、ただやりやすいことをやっているだけに過ぎない。
インタビューの目的に合わせて、目標人数を設計し、それが実現できる方法を考える。行動パターンの把握のためには、最低でも100人は必要。人数が足りなければ接点を増やす方法を考えればいいし、時間が足りなければ効率化する方法を検討する。
インタビューの時点から、起業家に必要な「行動力」の差が表れる。

実践的に事業を立ち上げながら学生が起業を学ぶビジネススクールに
ご興味をお持ちいただいた方は、
↓下記のボタンをクリック!↓





※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る