卒業生インタビュー

Share:

卒業生起業家インタビュー 岸田和真(早稲田大学1年K-Mach代表)

kishida_top

「起業とアルバイト、半年でどちらも経験し、自分に合った起業家の道に1歩踏み出せた。」

早稲田大学 教育学部 1年(受講時)
K-Mach 代表
岸田 和真
WILLFU STARTUP ACADEMY 第17期生

—厳しい現実と、起業家への憧れ—
2012年、自分が高校2年生だったつい3年前、父親が当時働いていた会社を退職させられました。
この経験が、明確な僕の転機でした。

父の働きぶりは非常に厳しく、毎日5時起きで出社して、夜は深夜に帰宅。
それでいて収入も良くなく、他人の決定で職も失う事になるという過酷な状況を目の当たりにしたこの時、元々思っていた「人の下でしか働けないと、こんな大変な思いをするんじゃないか。自分で稼ぐ力が、人生を充実させるために必要だ。」という思いが一層強くなり、自分は人に使われない働き方をしようと決めました。

また、自宅がそんな状況だった一方で、近所の方や兄の友人の父に起業家の方がいて、「起業家は自分でやる事を決められるし、お金も稼げる」という話を聞いていました。
加えて、2人ともとても楽しそうに働いている姿を見たことが、自分も起業家として働きたいと思ったキッカケでした。

kishida_1

—WILLFUとの出会い—
起業するにしても大学は出た方が良いと思い、浪人してなんとか早稲田に合格した1年目の4月、いざ起業に向けて動き出そうとしてみたら、何をしていいか全く分からない自分がいました。

起業に踏み出すための方法を探していた時に見つけたのが、WILLFU STARTUP ACADEMYでした。

大学は教育学部の理系科目専攻のため、周りの友人も全く起業とは関わりがありません。
一方で、説明会に参加してみて「起業してみたいけど、やりたい事は固まってない。でも、やる気はものすごくある。」という人達が集まったWILLFUのコミュニティに魅力を感じ、即入塾を決めました。

—「事業を作る」という感覚—
WILLFUでの経験を振り返ると、起業したいとは思っていたものの、それまでバイトすらやったことのなかった自分にとって、第1クールでとりあえず事業を立ち上げてみるという経験はかなりの衝撃でした。

チームプレーでやるとは言っても、1チームの人数は2,3人。
自分がさぼった瞬間に全く利益がでないので、自分で自分を律して行動し続けないと成果は出ないということに気づきました。

しかし逆に、行動すればした分だけ、自分の努力が直接成果に返ってくるという事も感覚的に理解できたことが非常に貴重な経験でした。

一方で、この時丁度お金が無かった事もあり、初めて飲食店でのアルバイトも始めてみました。
しかし、時給1,000円という決まった金額の中で働いてみると、自分のやった事が給与に反映されている気がせず、すぐに辞めてしまいました。

結果、短期間でも「就職」と「起業」の両方の感覚に触れてみる事で、肌感覚でも自分には起業の方が合っているという事を認識できたので、結果的にアルバイトもやってみて良かったと感じています。

kishida_2

—行動からの学び、見えてきた方向性—
第2クール以降の事業では、受験生向けの相談会や不動産の仲介、高齢者向けの旅行代理店業等色々な事業に取り組みました。
その中で、「考えるより、とにかく行動して修正すること」の大切さに気づきました。

机上で考えたプランは、基本的にあまり筋がいいものではなく、とにかくヒアリングしてやってみて、違ったら微修正を繰り返す事が一番の近道だと気づいたんです。

また、とにかく色々な事業に挑戦してみたことで、漠然としていた「起業したい」という思いから、自分にどんなことが合っていて、どんな事業をやりたいのかという事も少しずつ見えてきました。

卒業した今は、デザイナーの姉と一緒に服のブランドを立ち上げる予定で、開業資金を貯めるために、まずは不動産仲介などの事業で少しずつ収益化ができてきています。

—半年間を振り返って—
WILLFU入塾前の自分と今の自分は、周りの友達から「何があったの?」と不思議がられる程成長したと実感しています。
改めて、何故これほど成長出来たのかを振り返ると、WILLFUという環境のレベルの高さのおかげだったと感じます。

同期の受講生は勉学に打ち込んでいる人もいれば、既に自分でEC事業に取り組んでいる方もいたりと、レベル感や個性はバラバラでした。
しかし、皆が「起業したい」「起業を人生の選択肢に加えたい」と真剣に考えて参加している点は共通していました。

そういう人が集まっているコミュニティだからこそ、自分で言った事をやり切らないと格好悪いと思い、宣言した事をやり続けた結果がこの成長に繋がっていると思います。

kishida_3

今、どれだけのスキルや知識があるかは本当に関係ありません。
WILLFUでは、起業に対する興味や思いと、宣言した事をやり続ける力があれば、半年後は自分でも驚く程の成長を遂げているはずです。

これから入学される皆さんも、周りに「何があったの?」と言われるくらい成長して、自分のやりたい道に突き進めるようになる事を、心から応援しています!






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

無料 説明会&体験授業

オンライン説明会&体験授業へ予約
対象
大学1年生〜大学院2年生(専門学校・高専生含む / 高校生も可)
開催日程
  • 2021/10/29(金)11:00〜12:30
  • 2021/10/29(金)18:30〜20:00
  • 2021/11/1(月)19:00〜20:30
  • 2021/11/2(火)18:30〜20:00
  • 2021/11/4(木)15:00〜16:30
  • 2021/11/4(木)18:30〜20:00
  • 2021/11/5(金)11:00〜12:30
  • 2021/11/5(金)18:30〜20:00
  • 2021/11/8(月)11:00〜12:30
  • 2021/11/9(火)18:30〜20:00
  • 2021/11/10(水)13:30〜15:00
  • 2021/11/10(水)18:30〜20:00
  • 2021/11/11(木)15:00〜16:30
  • 2021/11/11(木)18:30〜20:00
  • 2021/11/12(金)15:00〜16:30
  • 2021/11/12(金)18:30〜20:00
※開場は開始時間の20分前となります。
内容

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、全てオンライン開催致します。

1時間半で、起業の踏み出し方が分かる 満足度99.9%の無料オンライン説明会

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYでできること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
会場

オンライン

※全国から、ご参加いただけます
※ログインURLなど、参加方法は、予約者にメール致します

お問い合わせ

info@willfu.jp

担当 斉藤 まで、お気軽にご連絡ください。

よく頂くご質問
友人と参加してもいいですか?
もちろん、問題ありません。事前準備のため、事前申込のみ、お願い致します。

説明会&体験授業
申込フォーム(無料)

【所要時間1分】6項目を記入下さい

氏名
所属(学校名・学部・学年)
メールアドレス
電話番号
説明会参加希望日時
お知りになったきっかけを教えてください

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
起業の学校 社会人講座
はこちら