起業の基礎知識

Share:

17歳なら、起業家になることができる!

WILLFUインターンの中井です。
今回は17歳でも起業家になれるということについて、まとめてみました。

学生ながらに起業して事業を立ち上げる学生起業家。
世界で言えば、マイクロソフトのビルゲイツが、日本で言えばリブセンスの村上さんといった方々が想像できるのではないだろうか。
なので、学生起業するなら、大学生、年齢で言えば18歳からだろう、そう思っている方がいるかもしれない。

しかし、実は、17歳、つまり確実に高校生である年齢から、実は起業家になれるのだ。
17歳で起業家になれるというのは、どういうことだろうか。

17歳であれば、起業家として会社設立できる

17歳という、明らかに高校生である年齢でも、起業家として会社設立することができるのである。

そもそも、起業して会社設立できるようになる年齢、その理由は何故なのか。
起業して会社を作ることができるようになる年齢は15歳である。
そして、その理由は、会社設立に必要な手続き(印鑑登録など)ができるようになるのが15歳だからである。
実は、法律上で「会社を作れるのは何歳から」と直接的に明文されているわけではなく、手続きが実質的にできるかどうかで会社設立の可否が決まっているのである。

17歳で起業家になった人

ところで、そもそも17歳で起業家になった人なんて存在するのだろうか?
実は、17歳の高校生時点で起業したという事例がある。
その方について、簡単に説明してみる。

大関綾さん
大関さんは、17歳の高校2年時に会社設立している。
事業内容はループタイの製造・販売事業を手がけている。
ただ、高校在学時の会社設立も問題なくできたわけではなく、当時在籍していた私立の女子高校からは会社設立は認められず、結果として大関さんは自主退学して別の高校に編入することでなんとか起業できたようである。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る