起業の基礎知識

Share:

大学生がビジネス経験を積むことが重要な理由

WILLFUインターンの中井です。
今回は大学生がビジネスの経験を積むことについて
記事を書いてみました。

大学生としての4年間の時間を、大学生である
皆さんはいかに使っているだろうか?

大学生の主な時間の使い方として
考えつくものとしては、例えば大学の講義や
その復習時間、研究、サークル、アルバイト、
学生団体といったものが挙げられる。

3、4年生になっていくと、上記の時間の使い方に
プラスして就職説明会や就活対策、国家試験の勉強といった
卒業後の社会人生活に向けた時間が増えてくる。

これらのものに時間を使う大学生がほとんどであると思われるが、
大学生のうちに自分で収益を挙げてみるといった
ビジネス経験を積んでおくことが実は重要なのでは
ないだろうか。

それは一体何故か。
そして、それによってどのようなメリットがあるのか。
いくつかまとめてみた。

大学生がビジネス経験を積むべき理由とメリット

大学生が上記で述べた時間の使い道以外に
自分で収益を挙げるビジネス経験を積むことが
大事な理由は一体何なのか。 いくつかまとめてみた。

①将来の選択肢を増やすことができる
実際に自分で物を売ったりするなどして
お金を稼ぐ経験は、成功につながれば
自分の力でも生活費を稼げるという自信を持つことが
できるようになり、起業に踏み出せる。
そして、その際の試行錯誤も将来の仕事において
必要となる思考のスピード・深さを鍛えてくれる。

仮に万が一、これらの経験が失敗につながったとしても
真の意味で起業を理解して自分に起業が向いていないとわかり、
就職という選択肢を選ぶこともできる。 そして、
社会人生活の中で起業したくなったら、起業すれば良いのである。

だが、学生のうちから起業してみた経験がない場合、
社会人になってから「起業という得体の知れない選択肢」
として起業は立ちはだかるので、決断も厳しい、現実味のない
ものとして選択のハードルが上がってしまう。

②社会人生活1年目から大きなアドバンテージになる
大学生のうちにビジネスに挑戦すると、
周りはサークルやアルバイト、学生団体といった
学生レベルで仕事をすることが容認される環境で
4年間のほとんどを過ごしているので
社会人1年目からビジネスマンとしての
差をつけることができる。

理由としては、自分で事業をやると
それに伴う責任は社会人と同じ物になるからである。
自分でビジネスをやる上で、「学生だから」なんて
言い訳は通用しない。 だからこそ学生のうちに
身につけづらい「社会人としての仕事の姿勢・スキル」が身につく。

こうしてビジネスの基礎体力が身についた学生は
新卒で起業するよりもその年数で勝るし、
経験値も多い。 

仮に就職を選んだとしてもその優秀さから
社内での活躍が期待できる。

以上、大学生がビジネスの経験を積むことについて
いくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る