起業の基礎知識

Share:

社会人経験なしに起業しても良いのか?

WILLFUインターンの中井です。
今回は社会人経験なしで起業することに
ついて、記事をまとめてみました。

学生のうちに起業したり、新卒で
就職することなく起業するとなると、
サラリーマンといった社会人経験なしに
いきなり自分で起業家として
仕事していくことになる。

このことに関して、
「やりたいならやってみれば良い」と
肯定する人がいる一方で、
「まずは会社員としての仕事を通して
社会人としてのスキルや常識を身につけてから。
それからでも決して遅くはない」と
反対の意見を言う方もいる。

果たして社会人経験なく起業することに
問題となることはあるのだろうか。

いくつかまとめてみた。

社会人経験なしで起業することは問題があるのか

社会人経験なしにすぐ起業することについては
前述した通り賛否両論が分かれる。
果たして、会社員といった社会人経験をしていないことが
起業に影響するのだろうか。

反対派の反論を元にまとめる。

①「起業する前に会社員をやってスキルをつけるべき」という反論
学生起業、もしくは卒業後にすぐ起業したいという
意見に対して最も多い反論はこれではないだろうか。

「起業して成功するには相当のスキルがいる。
それなのにただの若者が勇んで起業してもダメだ。
まずは会社員としてスキルを身につけてから。」
といった具合だろう。

しかし、冷静に考えて欲しい。
この主張は
「会社が自分のスキルを養ってくれること」
が前提である。

だが、会社で任せられる仕事は
起業家として必要なスキルとは本質的に異なる。
自分での意思決定が制限され、なおかつ
勤務先の利益を第一として任されるのが
会社の仕事である。
起業家として必要なスキルは
必ずしもこれとマッチしない。

そして、一番の問題なのが、
このアドバイスをする人のほとんどは
「自分自身起業していないサラリーマン」
なのである。

実際に起業してもいない人に
起業のアドバイスをされるというのは
よくよく考えるとおかしな話である。

次に言われる反論としては
②「いきなり起業する奴は社会常識に欠ける」
といったものである。

まずは会社員として常識を学べ、ということだが、
これも冷静に考えればおかしな話である。

社会人常識に関する書籍はいくらでも
書店で手に入るし、社会人向けの社会常識講座なども
あったりする。 
それなのに、自分の時間を消費してわざわざ
社会人常識だけを学びに会社に行くのは
もったいない。
社会人常識は重要だが、自分でも学べるのである。

以上、社会人経験なしに起業することについて
いくつかまとめてみた。

結局のところ、自分で明確に起業したいと思っているならば
上記の反論に従っても
「心の奥底でどこかモヤモヤしながら、時間を仕事に奪われ、
自分の身につけたいスキルも身に付かず、
結果として成長スピードが遅くなる」
というリスクが存在する。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る