起業の基礎知識

Share:

起業が所持金0円からでもできるって本当!?

WILLFUインターンの中井です。
今回は、起業する際の所持金が0円でも大丈夫なのかについて、まとめてみました。

「とりあえず起業したいと考えているもののお金がほとんどないんです…。」
起業したいと言っている学生の方から、時々そんな話を聞くことがある。
彼らの言い分では、起業するためのお金がないから、起業なんてできないのだと。

一見すると、正論に聞こえるこの意見。
しかし、本当に「お金がほとんどない、もしくは所持金0円の状態では起業できない」のだろうか。
以下の内容でいくつかまとめてみた。

起業するだけなら所持金0円でもできる!

起業という言葉は、辞書によると、「新しく事業を起こすこと」である。
また、事業という言葉は、辞書では「生産・営利を目的として経営する仕事」とされている。
つまり、起業とは「新しく、生産・営利を目的として経営する仕事を起こすこと」なのだ。

「起業=会社を作って社長になること」であるとよく勘違いされることもあるが、会社を作る必要はないのだ。
会社を作らずとも事業さえ起こせばよいなら、コストの全くかからない事業を立ち上げれば、0円起業できるのではないだろうか。

こういうと、時々、「そんな事業ありえない」という意見が出てくる。
しかし、0円で起業することは、できる。
例えば、ヤフオクやメルカリで家にある不用品を売るとき、コストはかかっているだろうか?
商品が売れた際の送料を除けば、基本的にはコスト0円ではないだろうか。
そう、商品を仕入れて売る物販モデルでも、所有するいらないものを売れば、コストは掛からない。
起業するだけなら、所持金に関係なく、0円からスタートできるのだ。

会社設立の場合は、0円では起業できない

ただし、会社設立して起業、事業を行うことを考えた場合にはそうはいかない。
起業して会社設立する際には、会社の資本金としてのお金が必要となるほか、会社設立費やハンコ作成費用、などなど、様々なコストが発生する。
会社設立費は、基本的にどれだけ節約しても15万円は必須になるほか、会社の資本金も最低でも10万円は欲しいところである。(会社の資本金は法律上、1円からでもOKだが、実質的に厳しい。 その理由はずばり、資本金1円の会社は世間的にも「信用」されにくいから。)

会社設立したいなら、最低でも30万円ぐらいの金額は、用意しておきたいところである。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る