起業の基礎知識

Share:

起業するために、大学院を出なくてもよい理由

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業するために大学院を出ることの必要性についてまとめてみました。

「自分にはまだ起業するだけのスキルが足らない」
そう考えている方がいらっしゃるのではないだろうか。
そう考える方の中には「起業のための経営知識がないので、大学院、MBAへ行こう」という方もいるかもしれない。
ただ、起業するにあたって、本当に大学院にいく必要があるのだろうか。
以下の内容でまとめてみた。

起業するために、大学院にいく必要がない理由

起業するにあたって、大学院にいく必要はあるのだろうか。
結論から言うと、起業するためだけなら大学院にいく必要がない。
それは一体なぜなのか。

あくまでも理論でしかないから
大学院で学ぶ経営知識は、過去の蓄積から生まれたもの。
なので、会社経営するにあたって全く無意味かと言われると決してそんなことはない。
しかし、それが起業してあらゆることに役立つかというと、それは否である。

なぜならば、起業して立ち上げる事業というのは、人によって領域も内容も全く異なるだけでなく、時代の背景も違うので、基本的には過去の事例を参考にしても解決できない問題はどうしても発生するからである。
しかも、会社経営以外にも、メンバーのマネジメントやサービスの磨き込みなど、経営知識以外にも求められるものは沢山ある。
なので、大学院で黙々と理論を学び続ける必要は決してなく、むしろ最低限の知識を習得したら、他の起業家に求められる素養を養うべきである。

実践に勝る知識はない
起業家として世界的に成功している起業家の学歴はどうなっているのか。
facebookのザッカーバーグはハーバード大学中退。
appleのスティーブジョブズも同大学中退。
直近で有名なsnapchatのエヴァンシュピーゲルもスタンフォード大学中退。

そう、みな大学を中退しているのである。 大学院に進むどころか、大学すら卒業していない。
だから、「今すぐ大学なんて中退してしまえ」とは言わない。
ただ、彼らがみな、大学中退である事実を踏まえれば、「他人が座学で学んでいる間に、実践していた人が成功しやすい」と言えるのではないだろうか。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る