起業の基礎知識

Share:

起業を2人でやるのはどうなのか!?

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業を2人ですることについてまとめてみました。

起業初期は人・もの・金がなかなか集まらない。
それゆえに創業時にはなかなか困ることは多いのだが、特に困ることが多いのは創業メンバーである。
仲間が集まったとしても、せいぜい2人という場合は比較的多いのではないだろうか。
そこで、今回は起業が2人ですることについて、まとめてみた。

1.起業を2人でするメリット
2.起業を2人でする際の問題点とは

1.起業を2人でするメリット

起業を2人ですることにはどんなメリットがあるのだろうか。

意見をまとめやすい
起業当初の人数が多すぎると、メンバー間の意思疎通ができるほどの状態でないことが多く、
それゆえに意見対立が多くなってしまい、意思決定が遅れる。
しかし、2人ぐらいならば、しらみつぶしに意見の相違を潰していけるので、
意見をまとめることが容易である。

方針のブレを予防しやすい
1人で起業すると、少しうまくいかなかったりした時に、短期的な方針を選んでしまい、起業家の当初の目的や方針とぶれることがある。
しかし、2人でやることでこうしたブレを相互に監視できるので、方針のブレが生じにくい。

2.起業を2人でする際の問題点とは

だがしかし、2人で起業することには大きいデメリットも存在している。
主に共同創業した場合に起こりがちな問題ではあるが、主に以下のような問題が挙げられる。

株の所有割合でもめやすい
株をどちらが多く持つかでもめたり、同じ割合ずつ保有することで、後述するような対等な関係になってしまい、会社の経営に悪影響になりかねない。

良くも悪くも対等になってしまう
2人で起業すると、どうしてもお互いのことを対等とみなしてしまい、それゆえにお互いの主張に対して譲らずの状態になりがちである。
これが悪い状態になると、意思決定を阻害してしまいかねない。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る