起業の基礎知識

Share:

起業する人が現実として多くない理由

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業する人が現実として
多くないことについて記事を書いてみました。

テレビなどのメディアで
起業家が取り上げられることはあるものの
実際に起業する人はほとんどいない。
起業関連のイベントや起業したいと
考える人が一定数いるにも関わらず
なぜ起業する人が現実として多くないのか。
その原因などを下記の2テーマでまとめてみた。

1:起業する人が現実として多くない理由
2:起業を現実の選択肢にするためには
 

起業する人が現実として多くない理由

前述したように起業して
事業を立ち上げる人は
関連のイベント参加者数と
比較しても圧倒的に少ない。

なぜ、起業する人が現実として
多くないのだろうか。
その原因をいくつか
推測してまとめてみた。

①起業して生活していく自信がない
社会人になって、会社内での
事業立ち上げという形でなく
起業して会社設立して自分で
やっていこうとした場合に、
自分だけの力で生活するのに必要な
資金を稼ぐことや会社を存続させることが
できるのかどうかを考えると
そのことへの自信がないので
起業を諦めてしまうからではないか。

②将来の選択肢として現実的でない
通常の大学生活を過ごす方であれば
社会に出るときの職業は
会社に就職するか士業に就くかの
いずれかが選択肢として主である。
在学中の起業どころか将来的に
起業する人はほとんどいないので
将来的な選択肢として起業は
現実的でないのではないだろうか。

③起業に対する誤ったイメージ
起業したとしても
その成功率は決して高くないし、
失敗したら多額の借金などを負ってしまい
生活すらままならなくなるのではないかという
ある種の誤ったイメージがあるからではないか。

起業を現実の選択肢にするためには

起業する人が現実として
多くない理由について前述してきた。
では起業することを現実の選択肢として
捉えることができるようになるには
どうすれば良いのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①起業したい人や起業家との接点を増やす
周りに起業を志す人が少ないと
当然そのモチベーションは下降しやすいし
レベルやスピード感も下がり、挫折しやすい。
そうならないためにも
実際に起業を目指すライバルや先輩起業家との接点を
持つことが重要である。

②まずは事業を立ち上げてみる
起業して自分でやっていける
自信がないという方の
主な原因としては
「自分で何か事業を立ち上げて成功したことがない」
ことではないだろうか。
つまり自分で何か事業を立ち上げて
収益化できるという経験がない限り、
自分の力で仕事していけるとは
考えづらいのである。

もしそうなのであれば、まずは
ヤフオクなどでものを売ることなどの
小規模なことから始めてみたら
良いのではないだろうか。
そうすると、スモールビジネスであっても
考え抜かなければ収益化できないので
そこで成功すると自分に対して
自信を持つことができるようになるのではないか。

以上、起業する人が現実として少ない理由と
現実の選択肢として考えられるようにするには
そうすれば良いのかをまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る