起業の基礎知識

Share:

起業に必要なものとは

起業しようと考える方の中には
そもそも起業しようとした時に必要なものが
具体的によくわからず始めるために
一歩踏み出せずにいる起業家志望者の方が
いらっしゃるのではないだろうか。
そのような方が起業することができるように
するためにも、起業に必要なものなどを
いくつか以下のタイトル分けでまとめてみた。

1:起業に必要なものとは
2:起業に必要なものを用意する方法
 

起業に必要なものとは

起業しようと考えた時に
必要なものがわからずどうすれば良いか
わからないという方が
いらっしゃるのではないだろうか。
起業する時に必要なものには
いったいどのようなものがあるのだろうか。
起業という言葉の定義を
「営利目的で事業を立ち上げること」
という辞書的な定義で捉えて
いくつかまとめてみた。

①立ち上げる事業の計画
起業が「営利目的で事業を立ち上げること」
である以上、起業するには立ち上げる事業を
決定することが求められる。
事業を決める際に気をつけることとしては
「どういった領域で」、「どこにいる誰をターゲットの」、
「どのような課題をいかに解決するのか」ということである。
1つめに関しては、Eコマース、教育系などの具体的に
立ち上げる事業領域のことであり、
2つめは自分がターゲットにする人の
具体的な生活圏や年齢、収入といったことである。
そして3つ目はそのターゲットとする人が
抱える特定の課題をどうやって解決するかである。
これらがしっかり考えられていないと
実際に立ち上げてもマーケティング戦略の
練りづらい、誰のものかわからず売れない商品となる。

②最後までやり抜く意思
起業すると収益化させるために
長い時間コミットすることが求められるのだが
やる気が中途半端であると
その途中で挫折や辛さを感じてしまいやすい。
そうならないためにも起業するのであれば
立ち上げた仕事に最初から
責任を持つという意思で立ち上げるべきである。

起業に必要なものを用意する方法

前述した起業する際に必要なものを
用意するにはどうすれば良いのだろうか。

①ターゲットとする課題感を見つける
事業が顧客の課題感を解決する代わりに
お金をいただくというビジネスモデルである以上、
自分たちが立ち上げる事業を通して狙う
ターゲットユーザーはあらかじめ
決めておくべきである。
具体的な方法としては自分の身近にいる
人々の声を元に課題感を見つけたり
徹底的にヒアリングをして
自分が狙っていきたい顧客の課題を見つけつつも
明確にしていくことが挙げられる。

②責任を負ってでも続けられる仕事をする
起業して仕事に責任を負うようになると
自分のやりたくなかった仕事の場合、やりたくないのに
責任があるために起業せざるを得ないという
ことになってしまう。そうならないためにも
責任を負ってでも続けられる仕事をするべきである。

以上、起業するために必要なものと
それを準備する方法をいくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る