起業の基礎知識

Share:

起業前に知っておきたい、起業に必要な能力とは!?

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業を考えている方に向けて、起業するために必要な能力についてまとめてみました。

起業してサービスを立ち上げる前段階の方であれば、気になることとして、起業に必要な能力が挙げられるのではないだろうか。
いざ起業するとなると、起業家には様々な「自分に足らない能力」が目につくのかもしれないが、その中でも必要な能力とは、一体どのようなものがあるのだろうか。
以下の内容でまとめてみました。

1.起業にある程度必要な能力
2.起業に本当に必要な能力

1.起業にある程度必要な能力

起業に必要な能力の中でも、絶対とまでは言わないまでも比較的必要とは言える能力についてまとめてみました。

プログラミング
起業して事業を立ち上げる方の中でも、ネットでのサービスを立ち上げることを考えている方であれば、最低限の体系的な知識は勉強しておいても良いのではないだろうか。
最近では外注やクラウドソーシングで社外の人にプログラミングを依頼できるようになっているので、不要なんじゃないかと考える方もいるかもしれないが、外注やクラウドソーシングには「必要以上の費用を気づかず請求されてしまう可能性がある」、「サービスのコード修正などがスムーズにできない」という危険性もある。

加えて、エンジニア的な知識がなければ、サービス設計のディレクションを他の誰かに頼まなくてはならないし、資金調達を考える場合でも、出資条件に「エンジニアがいること」が必要条件として提示されることは珍しくない。
なので、最低限のプログラミングスキルは身につけておくべきではないだろうか。

営業力
起業したばかりの創業期では、顧客や他の会社と関係構築が全くできていない状態からスタートである。
そんな状況から、起業家は顧客にサービスを利用してもらったり、他会社と提携したりすることになるのだが、その信頼関係構築のおいて重要なのが営業力である。
営業力が全くない人が営業に行くと、最悪の場合、「この会社はマナーがなっていない、失礼な人だ」とか「レベルが低い会社だな」とみなされ、2度と会ってもらえなくなる可能性がある。
起業家がそんな状況に陥るのは正直苦しいので、最低限相手との関係構築ができる程度の営業力も求められるのではないだろうか。

スピード感ある行動力
起業家に求められる能力の1つとして、スピード感ある行動力が挙げられる。
起業家が事業を立ち上げる際の事業成長スピードは、他の大企業やベンチャー企業に負けないために何処よりも早いことが求められる。 ただ、他の一般的な会社と同じぐらいの行動ペースでは当然それは実現できない。
だからこそ、起業家にはスピード感ある行動力が求められる。
逆に言えば、ある期間内で打ち手を仕掛けられる回数が少なければ少ないほど、機会損失につながっている。

論理的な思考力
起業家が、自身の立ち上げるサービスを急成長させていくためには、正しい方向に戦略を考える必要がある。
そのために求められるのが、論理的な思考力である。
起業家には行動力が重要と言われるが、だからと言ってただ行き当たりばったりの適当な施策ばかり打っていても、結果につながらないどころか何の反省にもつながらない。
起業家がサービスを成功させるためには少しでも早く正しい打ち手によってサービスを成長させること及びそこにたどり着くために失敗から気づきを得ることが重要なので、論理的な思考力は起業家に求められるスキルの1つではないだろうか。

経営・会計知識
いくら税理士に会計的な部分を任せられるとはいえ、最低限の経営知識ぐらいは勉強しておくべきである。
なぜかというと、最低限の知識があるだけで金銭的な思考が身につくし、損益計算表・賃借対照表が読めるようになる。

2.起業に本当に必要な能力

起業にある程度必要な能力について前述してきたが、極論をいうと、上記のスキルはいずれかが欠けていても致命的ではない。
しかし、起業家にとって、致命的に重要な能力は、この能力ではないだろうか。

物事を諦めずにやり通す力
起業家にとって前述したスキルは重要かもしれないが、それでも、「物事を諦めずにやり通す力」ほどではない。
起業家にいくらスキルがあって、いくら筋の良いとされるサービスを思いついたとしても、それがサービスとしてうまくいかないことなど決して珍しくない。
起業は、「すごい起業家が、すごい投資家からお金を集め、すごいサービスを成功させる」なんて単純なものではないのだ。
そんな時、起業家が心折れてしまえば、その瞬間に起業家も会社もおしまいである。
成功する起業家たちは、サービスが失敗しても諦めずに、サービスをピボット(方向修正)させている。

実は、私がとある投資家に面と向かって言われた言葉の中で、衝撃的な言葉がある。
「正直、極端に言えば、起業家の考えている事業はどうでもいい。
加えて、起業家のプログラミング能力、営業力、マーケティング能力、経営スキルなんかもどうでもいい。
投資家として投資したいかどうかの基準は、本当に、最後までやりきるかどうか。
これを見抜いて投資するのが投資家としての仕事。」

起業家とともに2人3脚で仕事していく投資家も、極端に言えば「起業家自身」を見て投資判断している。
起業家にとって何よりも重要なのは、心折れることなく決めたことをやり抜く力なのだろう。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る